発達心理学 (キーワードコレクション)

制作 : 子安 増生  二宮 克美 
  • 新曜社
3.57
  • (2)
  • (11)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 56
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784788508927

作品紹介・あらすじ

「発達心理学」の研究方法と理論、胎児から老化、死の受容に至るまでの「生涯発達」を、50個の精選されたキーワードで学ぶ。好評の初版を研究の進歩に合わせて内容一新!発達心理学をこれから学ぶ人、発達心理学に関心のあるすべての人が、エッセンスを整理しながら学べる座右の一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 心理学に関するキーワードごとに解説している
    興味のあるキーワードについて拾い読みできる。
    遊びとは、孤独感とは、友人関係とは、、、

  • 必要なところをとびとびで読んだくらいですが、分かりやすかったです。

  • 発達心理学のキーワードを抑えておく上でとても便利。突っ込んだ内容は他の本に譲り、基礎的な知識はこれで埋めると良い。

  • 受験対策で開いた本。子どもの臨床にいたのに発達心理学については自信がまるでありません。このシリーズはテキストとしてよくまとまっているだけでなく、読み物としてもそれなりに面白いと思います。

    (2004年入手・再読)

  • 初版第1刷(1992/03/25)(ISBN-10:4788504081)を所有

    画像は、改訂版(2004/03/25)(ISBN-10:4788508923)
    カバーの色が、「青」と「緑」の違い。

  • 私の中での発達心理学はこれによって培われました。キーワードコレクションの中では一番お勧めだと思ってます。
    是非とも発達心理学の概論を勉強したいという方はこの本で勉強することをお勧めします。

  • 心理学のほうはいいけど、こっちはキーワードの選択がいまいち。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

安藤寿康(あんどう・じゅこう)
1958年、東京都生まれ。慶應義塾大学文学部卒業後、同大学大学院社会学研究科博士課程修了。現在、慶應義塾大学文学部教授。教育学博士。専門は行動遺伝学、教育心理学。主な著書に『日本人の9割が知らない遺伝の真実』(SBクリエイティブ)、『遺伝マインド』(有斐閣)、『遺伝と環境の心理学』(培風館)、『遺伝子の不都合な真実』(筑摩書房)、『心はどのように遺伝するか』(講談社)などがある。

「2017年 『「心は遺伝する」とどうして言えるのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

発達心理学 (キーワードコレクション)のその他の作品

安藤寿康の作品

ツイートする