入門・マインドサイエンスの思想―心の科学をめぐる現代哲学の論争

  • 新曜社
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784788509269

作品紹介・あらすじ

ロボットは心をもてるか?脳科学によって性格は変えられるか?心を科学的に研究できるか?心の科学を哲学する本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マインドサイエンスという題名だが、
    最近流行の脳のお話ではない。
    科学についての話。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1946年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。博士(学術)。東邦大学名誉教授。専門は、心理学・現象学。著書に『夢の現象学・入門』(講談社、2016)、『フッサール心理学宣言――他者の自明性がひび割れる時代に』(講談社、2013年)など多数。

渡辺恒夫の作品

入門・マインドサイエンスの思想―心の科学をめぐる現代哲学の論争を本棚に登録しているひと

ツイートする