不登校は終わらない―「選択」の物語から“当事者”の語りへ

著者 :
  • 新曜社
2.67
  • (0)
  • (1)
  • (10)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 46
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784788509276

作品紹介・あらすじ

不登校は「病理・逸脱」だ、いや「選択」の問題だ-これらはどれも"当事者"の本音ではなかった。不登校がその後の人生に与えた影響まで含めて、その体験の全体を"当事者"の語りを通して明らかにする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 371.42||K54||Fu

  • 二年前本郷キャンパスで行われていた
    ジェンダーコロキアムにてこの文献を扱いました。
    「当事者主権」上野先生の概念から多大な影響を受けているなあと。

  • 分類=不登校。04年11月。

全3件中 1 - 3件を表示

貴戸理恵の作品

ツイートする