人間の本能

制作 : 鈴木 光太郎 
  • 新曜社
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784788511118

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人間の行動には、進化の歴史が潜んでいる。その具体例を様々な切り口で探っていく科学書。例えばマクドナルドが成功していて、現代人がダイエットに成功しない原因を、サヴァンナに暮らす人類の祖先であるホミニッド(猿人)の食生活に見る。そこでは動物の肉(タンパク質)と果実(糖分)が何よりも重要な栄養源であったから、今なおその誘惑から逃れられない。そして現代において食用に供される家畜の肉は、野生動物に比べて遥かに脂肪が多く、太りやすい。また男性が一般に若い女性を好み、隙あらば浮気をしようとするのも、遺伝子を残す確率を上げるために至極合目的である。もちろん女性がそれを拒んで、自分とどの子供だけに独占したいと思うのも合目的である。ただ最終章の「道徳と神」においては納得させられる回答はなかったように思う。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

インペリアル・カレッジ・ロンドン教授。
自身がプレゼンターを務めるBBCの人気番組
「ザ・ヒューマン・ボディ」は英国アカデミー賞も受賞した。
イギリスでは誰もが知る著名人。

ロバート・ウィンストンの作品

ツイートする