文化移民―越境する日本の若者とメディア

著者 :
  • 新曜社
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784788511293

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 通常の配架場所: 3階開架
    請求記号: 334.51//F67

  • ゼミで先生が紹介してくださった本。

    2つの意味で興味ぶかかった。

    この本のインフォーマントの人たちと同じように海外に行きたいと若者としての視点。もう一つは、フィールドワークの実践者としての視点。

    自分が海外に行きたい理由はなんなのだろう?とあらためて問い直すきっかけになったし、卒論を書く時の参考になりそう。

  • 興味深い。
    日本を出た若者の風景。

    P14テーマは「どのようにして若者たちはニューヨークやロンドンへの移動に文化的な動機を見いだすようになったのか」
    P14移動は経済的理由だけでなく文化的な動機
    パリに渡ったアメリカの芸術家、明治時代の日本のエリート洋行

    P40プル要因 芸術、大衆文化、英語
    移住システムの確立ー旅行代理店、教育機関、政府など
    P48途上国からの移住は文化IDを維持していく

    P74文化人類学者マリリン・アイビーによると日本では外国は重荷消費可能な記号として受容される
    日本の国際化は移民に門戸を開放する出はなく外国の制度や文化を日本化して取り入れること、日本文化を海外に普及させることを目的としている

    P219東京でもNYでもアーティストやダンサーとして生計をたてるのが難しいと感じると夢は成功から結婚へと変わる

全3件中 1 - 3件を表示

藤田結子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする