越境する書物―変容する読書環境のなかで

著者 :
  • 新曜社
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784788512504

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 資料番号:011425188
    請求記号:010.2ワ

  • 2012 1/30パワー・ブラウジング。筑波大学図書館情報学図書館で借りた。
    id:negadaikonさんのエントリ(http://d.hatena.ne.jp/negadaikon/20111112/1321110664)を見てから気になっていた本。詳しい紹介はそちらを参照。
    『書物の日米関係』の続編に位置づけられる本。前作は米国内が主眼であるのに対し、本作は日本側/間に立った人々・組織という新たな課題に取り組む。
    第1部では日本の書物の流通や移動を歴史的に追っていくことで何が問えるか/見えてくるかを、第2部は書物の移動の仲立ちとなる人・組織に問題意識を拡大していく。

    以下、気になった点メモ:

    ・第1章:
     ・日米開戦⇒米軍による士官への日本語教育⇒戦後の日本研究者に

    ・第2章:
     ・戦後、日本書籍の入手をめぐる米国大学間の「書物戦争」

    ・第3章:
     ・書物のデジタル化をとりあげる章。NDLの明治期図書マイクロ化など。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1965年、高知県出身。早稲田大学教育・総合科学学術院教授。著書に『読むということ』(ひつじ書房、1997年)、『メディアの中の読者』(ひつじ書房、2002年)、『書物の日米関係』(新曜社、2007年)、『越境する書物』(新曜社、2011年)、『読書の歴史を問う』(笠間書院、2014年)など。

和田敦彦の作品

ツイートする