事例でよむ社会調査入門-社会を見る眼を養う

著者 : 平松貞実
  • 新曜社 (2011年10月13日発売)
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784788512566

作品紹介・あらすじ

◆明日から、社会を見る眼が変わってくる!◆

いまや世の中、「調査」であふれています。毎日の新聞・雑誌・テレビでも「○○調査によると」は決まり文句です。たしかに複雑化する社会の実態を正確に把握するのに、社会調査は欠かせません。しかし、とんでもない調査、利用の仕方も散見されます。社会の実態を掴むための技術であるべき調査が、社会を歪めるために使われているとしたら? たとえば、質問の仕方をちょっと変えたり、選択肢を変えるだけで、結果がこんなに違ってくることを知ったら、簡単に調査を信じる気にはなれないはずです。本書は、社会調査の正しい読み方・リテラシーを楽しみながら身につけて、社会を見る眼を養ってほしいと考えて書かれた『世論調査で社会が読めるか』の改題・改訂版です。「社会調査カメラ論」なども補充して、ますます充実した入門書となりました。

事例でよむ社会調査入門-社会を見る眼を養うの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 361.47||Hi

  • 質問紙調査の質問項目の違いによって結果がどのように変わってくるかについて、東洋大学の学生のアンケートを通じていろいろと説明がされている。卒論でアンケートを実施しようと思う学生は、すぐ読めるので、アンケートを作成してそれを予備調査すると同時にぜひ読んでおくべき本である。

全2件中 1 - 2件を表示

平松貞実の作品

事例でよむ社会調査入門-社会を見る眼を養うはこんな本です

事例でよむ社会調査入門-社会を見る眼を養うを本棚に登録しているひと

ツイートする