タテ書きはことばの景色をつくる―タテヨコふたつの日本語がなぜ必要か?

著者 :
  • 新曜社
2.80
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784788513570

作品紹介・あらすじ

タテ書きを捨ててはならない!

中国も韓国もタテ書きを捨てたいま、日本語のタテ書きもグローバル化により
消える運命にあるのでしょうか? 日本でタテ書き文化が根強く残ってきたの
には科学的な理由がある、という観点から、著者は、読み書きをするときの心
と身体の働きを、視野の形、アイカメラを用いた実験、空所埋め問題、鉛筆の
持ち方調査、ワーキングメモリーなど、多角的なアプローチで検証してゆきま
す。これまでの「タテ書き・ヨコ書き」研究で見過ごされてきた部分に光を当
てる、知的刺激と説得力あふれる論考です。タテ・ヨコそれぞれの利点を認め
つつも、だからこそ「タテ書きを消してはならない」という切実なメッセージ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 皆さんは文章を書くとき縦書きと横書きのどちらで書くだろうか。国語のノートは縦書きだが、その他は横書きにすることが多いだろう。では、読むときはどうだろう。教科書や参考書は横書きが多いが、一般的に日本語で書かれている本はその多くが縦書きだ。
     縦書きと横書きは読む人にどのような印象の違いを与えるか、ヒトの視野の形や視線の動きを観察した実験の結果、次のような結論に導かれる。縦書きはテキスト全体の姿が見やすく、前後の文脈を意識しやすいので文脈把握に優れた読み方になり、横書きは各行が排他的な特性を持つので単語や短い語句の把握に優れた読み方になる。縦書きと横書きにはそれぞれ長所があり、使い分けていく事ができる。
     中国や韓国があっさり縦書きを捨ててしまって以来、ある程度の人口を持つ国で縦書きを使っているのは日本と台湾くらいだという。グローバル化の影響も大きく、また横書きで表示されるPCが身近なものになった事も一因で日本でもますます横書きが一般的になりつつあるが、日本語から「ことばの景色を作る」縦書きを無くしてはならないというのが著者の主張だ。
     本を読む時、PCを使う時、あまり縦書き横書きを意識していなかったが、全ての本や、俳句や短歌までが横書きになったらさぞかし違和感を持ち、また味気ないと感じるだろう。やはり日本語は縦書きを捨ててはいけないと改めて思う。

  • 横書きと縦書きは、ほんとのところ何が違うんだろう。という問と真っ向から戦っている。勝利をおさめているとは言い難いものの、面白いテーマだなあと強く感じる。

全2件中 1 - 2件を表示

熊谷高幸の作品

ツイートする