犯罪捜査の心理学―凶悪犯の心理と行動に迫るプロファイリングの最先端 (ワードマップ)

著者 :
  • 新曜社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784788514416

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 犯罪心理学でとくにプロファイリングを中心にした、学生、大学院生向けの教科書をイメージして書かれた本。もう一つの本よりはもう少し専門用語が多い感じです。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

越智 啓太(おち・けいた)
横浜市生まれ
学習院大学大学院人文科学研究科心理学専攻博士前期課程修了,警視庁科学捜査研究所,東京家政大学心理教育学科助教授などを経て,
現 在:法政大学文学部心理学科教授
専 門:犯罪捜査への心理学の応用,プロファイリング,虚偽検出,目撃証言,大量殺傷,テロリズム,デートDV 等についての研究を行っている。
[主著]
『ケースで学ぶ犯罪心理学』(北大路書房),『progress and application 犯罪心理学』(サイエンス社),『犯罪捜査の心理学』(化学同人),『法と心理学の事典』(共編,朝倉書店),『美人の正体』(実務教育出版)

越智啓太の作品

犯罪捜査の心理学―凶悪犯の心理と行動に迫るプロファイリングの最先端 (ワードマップ)に関連するまとめ

ツイートする