外交 vol.01 特集:世界新秩序と日本の針路

  • 外務省
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784788702745

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 米国主導の世界から多極世界への移行には落とし穴うあ危険があふれている。
    アメリカがどのような誤りを犯したとしても、世界のほかの大国よりははるかに慎ましい覇権国である。
    アメリカは世界的スケールでアメリカニズムを出してきているが、日本もアジアにおいて日本の独自性を確立すべきだ。欧州でもフランスは独自性を出している。
    中曽根元首相いわく、サミットでは友人を作ること、仲間作りが大切。日本の首相はそれをしていない。中曽根はレーガン、サッチャーと仲良しだった。

全2件中 1 - 2件を表示

「外交」編集委員会の作品

ツイートする