鉄道トリビア探訪記―あっぱれ、すごいぞ、民営鉄道

著者 :
  • 時事通信出版局
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784788709737

作品紹介・あらすじ

頑張っている民営鉄道13のとっておき。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 鉄道愛好家が知りたい話題が満載。

    保線作業
     レール高低変位、レールの通り変位,水準変位(左右)、軌間変位(開き)、平面変位,列車動揺,電車線の摩耗(0.2mm)電車線の偏位(中心から左右30cm),
    電車線の高低差。
    全般検査
     列車検査(6日に1回)、状態,機能検査(3ヶ月を超えない期間)、重要部検査(4年または600000kmごと)、全般検査(8年を超えない期間)。車体と台車を切り離して行う。
    鉄道事故復旧訓練
     マルチプルタイタンパー(マルタイ)、バラストフィニッシャー。
    異常時総合想定訓練
     引き上げ線を利用した訓練。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

野村 正樹(ノムラ マサキ)
作家
野村正樹(のむら まさき)
1944年神戸市生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。67年サントリー㈱入社。営業部、宣伝部、マーケティング部等で活躍。86年には『殺意のバカンス』で推理作家としてデビュー、91年に『シンデレラの朝』で日本文芸大賞現代文学賞受賞。95年独立し、マーケティング、広告、サラリーマンのライフデザイン、トレンド・世代論、都市論、推理小説などの著作・講演で活躍。著書多数。
2011年逝去。

「2014年 『これが「話し方」の基本です』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野村正樹の作品

鉄道トリビア探訪記―あっぱれ、すごいぞ、民営鉄道を本棚に登録しているひと

ツイートする