金融先物の世界―金融先物の父“レオ・メラメド”から学ぶ

著者 :
  • 時事通信出版局
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784788709775

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シカゴマーカンタイル取引所という世界最大の為替取引所の会長の自叙伝プラス為替取引所の出来た経緯、なんかの話です。
    FXなんて時間潰し的な(生産性ゼロの)ゼロサムゲームが流行ったのもこの取引所が「為替」という商品を店頭取引にしたのが発端です。
    まぁ実に面白いし、トレーダーなら為にもなりますよ。

  • レオメラメドの粘り強さに脱帽。
    やはり開拓者はちょっとやそっとではめげずに、あの手この手で周囲を巻き込み、かつ、時には戦略的に狡猾に物事を取り進めることを、この事例でも痛感。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

横浜商科大学商学部商学科特任教授

可児滋の作品

金融先物の世界―金融先物の父“レオ・メラメド”から学ぶを本棚に登録しているひと

ツイートする