中江兆民―百年の誤解

著者 :
  • 時事通信出版局
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784788713109

作品紹介・あらすじ

"東洋のルソー"の正体は日本の伝統に棹差そうとする保守思想家であった!近代日本思想史における俗論を糺す著者渾身の一冊!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「民主主義の元祖」「東洋のルソー」「幸徳秋水の師匠」等々評されるものの、その実像はよく知らなかったので、色々と参考にはなった。そもそも世間での評価を知らないので「誤解」と言われても、なにが誤解なのかという前提条件もなく、ある意味純粋に読めたとは思う。主に福沢諭吉との比較を通じて人物像や思想信条を浮き彫りにし、これまでの評価を覆そうと試みてはいるものの(主に桑原武夫批判)、著者の思想信条のフレームに当てはめようとしている側面も強く、中立的・客観的とは言い難い(そもそも著者にとっては福沢諭吉は保守思想家であり、自由主義者扱いする丸山眞男を批判しているし)。が、輿論と世論の違いや「自由と平等で狂った瘋癲病院」といったフランス革命批判等々兆民を保守論者として評したい著者の論調には共感できる部分もある(が、都合の悪いところは目を瞑ろうとしていて、いいとこ取りしている感もある)。
    結局明治という時代は、西洋合理主義という近代にどう向き合うか?という時代であり、その対峙の仕方によって、福沢諭吉や漱石のように紙幣の顔になれるか?否かが決まるのかなあという気がした。という点においては兆民はしくじったのかもしれない。まあこれも後世の評価(誤解?)でしかないのかもしれないが。
    ちょっと驚いたのは兆民がトクヴィルを読み誤り、「アメリカン・デモクラシー」の米国を楽園と読み誤り(まあこれは仕方ないという気もするし、兆民ともあろう者がという気もする)、それが20年前まで続いていたという下り。私が学生の頃にはトクヴィルとオルテガはセット扱いで大衆民主主義批判するという政治学が隆盛していたように思ってたのだが、実はマイノリティだったのかなあと思うと、大学時代に教わる先生の思想信条の影響性について考えさせられた。(それを結構引きずってるし・・・)

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

西部 邁(にしべ すすむ)
1939年3月15日 – 2018年1月21日
北海道生まれ。北海道札幌南高等学校卒業後、東京大学入学。60年安保闘争に参加し、新左翼運動を先導。しかし61年3月に左翼過激派と決別。東京大学大学院経済学研究科理論経済学専攻修士課程修了。

東京大学教養学部教授時代の1988年に中沢新一さんの助教授採用をめぐる採決(否決)に抗議して大学を辞職。以降評論活動を続ける。「朝まで生テレビ」に出演してお茶の間にも名を馳せた。
主な受賞歴として、1983年『経済倫理学序説』で吉野作造賞、1984年『生まじめな戯れ』でサントリー学芸賞、1992年第8回正論大賞、2010年『サンチョ・キホーテの旅』により芸術選奨文部科学大臣賞。
(2018年5月10日最終更新)

西部邁の作品

ツイートする