東京裁判―もう一つのニュルンベルク

  • 時事通信社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (566ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784788791275

作品紹介・あらすじ

UP通信社の特派員として東京裁判を取材した著者自らの体験をもとに、各種資料を渉猟して書かれた本書は、「東京裁判で現実に起こったことを直截に記録しようと試みる」もの。この1冊で東京裁判の流れを網羅する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1150夜

  • 東京裁判の傍聴を続けたUP通信の記者による本。著者曰く、初の英語での東京裁判を総括した本、らしい。書き終えた直後に著者が死んでいて、一次資料への引用がまったく存在しないので、訳者が膨大な訳注でフォローしている。それでも、やはり細部に立ち入りしづらい本だ。多くの関係者にインタビューして書かれた部分が興味深い。あと、冷戦下(原書は1987年刊行)に出された本なので、ソ連への敵意ある内容が散見されて、これは凄い。

全2件中 1 - 2件を表示

日暮吉延の作品

ツイートする