ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断: 自分にイノベーションを起こそう!

著者 :
  • 実務教育出版
3.50
  • (28)
  • (59)
  • (73)
  • (17)
  • (4)
本棚登録 : 518
レビュー : 63
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784788910478

作品紹介・あらすじ

ヒツジとは、何かあるたびに群がって結局何も成し遂げられない人。ライオンとは、いたずらに群れず孤高に物事を成し遂げようとする人。どちらの道を選ぶか、すべてはあなた次第。惰性で生きるのは、今日でやめよう。小さな決断の積み重ねがあなたの人生を大きく変える。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっぱり、こう言うの苦手…
    まさか、皆さんの評価がこんなに高いとは…
    読みやすくはあるんだけど、どうしても言ってることに一貫性がない気がして、読みながらイライラしちゃう。
    特に、最後のページ。
    著者がライオンなら、ライオンじゃないにしてもせめて人にライオンを勧めるなら、あんな事書くかな?
    再三書いてるライオンはライオンである事を、あんな風に誇示するかな?
    そこがどうしても口だけで良いこと言って行動が伴わない小者感に感じちゃうんだよね。
    今度読むなら、ちゃんと仕事を成した人の裏打ちのあるやつをまず読もうかな。

  • 読みやすかったです。
    限られた時間、どういう考えたかで過ごすかでかなり変わると思います。

    ライオンのコースを歩もう!

  • ひつじとライオンの例えはおもしろかったが
    ひつじとライオンの比較が陳腐で内容はイマイチ!
    ページをさいて比較することがネタギレした感じ。

  • 印象に残ったフレーズ「ヒツジはもらうために必死に生きる・ライオンは与えるために必死に生きる」

  • 『ヒツジ』の一生で終わるか?それとも『ライオン』に変わる決断をするのか?それは自分次第、とこの本で筆者は説いていますが『安全パイ』の生き方をするにはヒツジでいることをお勧めしたいと思います。

    どうもこの人の本をいくつか読んでみると、まず見開きの右側に何か格言めいたことを書いて、その左側に解説を書く、というスタイルのようですね。さくっと読めて読める人は大体30分くらいで読み終えることが出来るのではないのでしょうか?ここで扱われている『ヒツジ』とは『何かあるたびに群がって結局何も成し遂げられない人』だそうで、それにたいして「ライオン」とは『いたずらに群れず孤高に物事を成し遂げようとする人』のことをさすのだそうで、

    ・ヒツジは自分の自慢をする。ライオンは上司と部下の自慢をする。
    ・ヒツジはお客様にルールを張り叫ぶ。ライオンはお客様のルール違反を新ルールに活かす。
    ・ヒツジは目先の給料で一喜一憂する。ライオンは生涯賃金で考える。
    ・ヒツジは少しでも得をしようと血眼になる。ライオンは相手に少し得をさせて主導権と時間を買う。
    ・ヒツジは模範解答を探しまわる。ライオンは自分の理想を模範解答にする。
    ・ヒツジは仕返しすることで復讐する。ライオンは許すことで復讐する。……etc.

    などの77の項目を挙げて書いております。これから先がどうなっていくのかは神ならぬ身には分かりませんが、筆者の言うとおり、そこそこに働いて、そこそこの給料をもらい、働き始めての40年間をルーティンワークを生きたいのでしたら、『ヒツジ』の生き方をするべきで、実際にそのほうが『安定した』生き方が出来るかと思われます、『イノベーション』という言葉は個人的な見解として官僚的な傾向の強い組織ではむしろ害悪であり、そういうことを言う人間は排除されてしまうのが関の山でしょうから。

    しかし、『どっちの生き方をするかは自分次第』と筆者が言うように「オレはライオンとして生きるんだ!』という結論を、もし、この本を読んで決断された方は、それは相当に山あり谷ありの人生を覚悟しなければならないでしょう。しかし、自分が最期を迎える際に『あぁ、オレの人生はいろいろあったけれども『終わりよければ全てよし』だったなあ』と納得できる生き方をするには、やはり『羊たちの群れ』を離れ、『ライオン』になる決断をどこかでしなければならないだろうな、ということは読み終えた後に感じました。

  • ● 始業開始時間の5分前は、たいていの会社のエレベーター前には、うだつの上がらないヒツジたちがイライラしながら群がっている。ヒツジは朝だけでなく、人生すべてにおいてギリギリなのだ。

    ● 社会的地位の高さと、クラクションの長さは反比例するといえる。

    ● 相手に敬意を払うということは、長ったらしい前置きをすることでは断じてない。相手の時間を無駄にしないということが、敬意を払うということだ。

    ● ヒツジはペンディングが好き。ライオンはフライングが好き。

    ● しかし、仕事が抜群にできる人は例外なく遅刻に厳しい。

    ● ライオンは仕返ししたくなるような恨みを持っていても、実力を蓄えることによって消化する。なぜなら、この世で最高の復讐は憎らしいことをした相手が後ずさりするほどの力をつけて、最後にあっさり許してあげることだからだ。

  • 小さな決断の積み重ねが人生を大きく左右する

    ヒツジとライオンの習性を例に出しながらの解説

    77の例が満載

    自分を見つめなおす糧になる1冊

  • ライオンは、フライングが好き
    ライオンは、年齢と共に謙虚になる
    ライオンは、AorBではなく、AandBの可能性を考えてみる
    ライオンは、自分の長所を発掘して生きている間ずっと輝き続けるためにはお金を稼ぎ続けるのが1番と知っている
    ライオンは、いくらでも負けることができる
    ライオンは、やたら人に会うことなく、孤高に実力を磨き続ける
    ライオンの、ライバルは常に自分自身
    ライオンの最高の投資は、自分の頭脳への投資
    ライオンは、原因を内に探す

    まずは早起きと残してる仕事を片す!

  •  いや最悪だこれほど中身がなく他書の寄せ集めみたいな本だったとはこんなにも評価が高いのがびっくりだわ。

     ライオンが善でヒツジが悪と切り分けること事態ナンセンスだわ。

     そもそも人間ごときが動物に対しどうこう考えること自体が不快だった。

     ヒツジにだってよいところはあるしライオンにだって悪いところはある。そして人はそれ以上に裏表を持っている種だろう。

     わかりやすく書いたのだろう。それは重々承知しているわけだがやはり読んでいくうちに嫌悪を感じる。

     ヒツジ、ライオンこの対比で物事を考えれば何でも成り立ってしまう。

     ライオンはこの本を肯定的に絶賛しヒツジはメェーメェーと批判するなんて。

     

  • 爆笑。

    『8』『11』に吹き出し、
    『12』『41』に唸った私。

    これ、どの項目が響いたか、人によってきっと違うし、読み手によってかなり印象違う本。

全63件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

愛知県出身、東北大教育学部卒。日系保険会社、大手コンサルティング会社を経て独立。のべ3300人のエグゼクティブ、1万人を超えるビジネスマンと対話の経験を活かし、執筆・講演・コンサルティング等で活動中。

「2018年 『人生を変える、お金の使い方。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

千田琢哉の作品

ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断: 自分にイノベーションを起こそう!を本棚に登録しているひと

ツイートする