生活設計をガラリと変えるフロー型発想のススメ

著者 :
  • ジャパンタイムズ
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 21
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789010986

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 考え方がわからないわけではないけれど、著者の役割は「捨てる技術」で終わったかな、という印象。近藤典子先生の収納術の対極に位置する「片付け名人」という以上には社会的に望まれていないと思う。■トータルライフをアドバイスするには著者の会社員経験が浅すぎて、仕事もそこそこに生活を楽しもう的発想が現実的ではなさすぎる。著者の思想は「捨てる技術」で理解できるし、それ以上に踏み込んだ内容は大きなお世話という感じ。

  • そもそも中流家庭以上の人を例に出しているのが間違いな気がする。欲しいものは気兼ねなく買えて子ども2人を私立に入れても中流家庭以上の資産がある家庭は、日本にどれくらいあるのでしょうか?確かに「使わないものは捨てる」という意見は同意。だが、必ずいつかは使う生活必需品は、安い時にまとめて買うことで家計をうまくやりくりしようとしてる家庭がほとんどだろう。誰もが「安くなくても買いたい時に買う」「安い時に買いだめなんて。そんなことしなくてもいいじゃない」なんて意見が言える中流以上の家庭ではありません。色々例もだされているが、要すると言いたいことは1つなので、同じ考えをずっと色々な例に出して語られても時間の無駄に感じました。

  • フロー発想を家庭経営に。
    時代はフローですかね?

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

一般社団法人生活哲学学会代表理事

「2017年 『女子力アッププリンセスマナーレッスン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

辰巳渚の作品

ツイートする