南アフリカの歴史 (ケンブリッジ版世界各国史)

制作 : Robert Ross  石鎚 優 
  • 創土社
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789300650

作品紹介・あらすじ

いかにして南アフリカは単一の国家になったのか?約1500年前の農業伝播から現代まで南アフリカに関する総合的かつ簡潔な歴史書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1950年代から1970年代にわたり南アフリカの経済は急成長を遂げた。
    南アフリカの労働生産性は1980年にはほぼ停滞していた。
    南アフリカほど政府が経済に介入した国は共産圏以外には世界にどこもなかった。
    白人は黒人女性を蔑視していた。
    教育を受けていないから反アパルトヘイトで自由を要求した。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

(Robert J. Ross)
1949年、ロンドン生まれ。1974年、ケンブリッジで博士号を取得。1976年以降、オランダのライデン大学に勤務。現在は同大学歴史研究所教授。専門は、植民地期の南アフリカ史。主著として、Cape of Torments: Slavery and Resistance in South Africa, Routledge and Kegan Paul, London, 1983; Status and Respectability at the Cape of Good Hope: A Tragedy of Manners, Cambridge, Cambridge University Press, 1999.他に以下の編者を務める。Ross, R. J. & Hamilton, C. A. & Mbenga, B. K. (eds.), Cambridge History of South Africa, Volume I, Cambridge: Cambridge University Press, 2010.また概説書A Concise History of South Africa, Cambridge, Cambridge University Press, 1999(石鎚優訳『南アフリカの歴史』創土社、2009年).

「2016年 『洋服を着る近代 帝国の思惑と民族の選択』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ロバート・ロスの作品

ツイートする