ウー・ウェンさんのわが子が育つ家族の食卓

  • 女子栄養大学出版部
4.00
  • (3)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789547314

作品紹介・あらすじ

故郷・北京で母から受け継いだ料理の楽しさを、今わが子に。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本の中からいくつも作りました。どれもおいしかったけど、良く作るのは棒棒鶏と小松菜のりんごじょうゆだれかけ、トマトと卵のスープ、豚スペアリブと干しぶどうのカレー煮、卵とねぎの塩炒め、中華風簡単コーンクリームスープです。これらは家の定番。子供達も大好きです。

  • ウー・ウェンさんの料理本は何冊か持っている。
    中途半端にならない中華料理。

  • ウー・ウェンさんの本はどれもおいしそうで、身近な素材で、自分では作ったことないけど絶対おいしいはずだ!作りたい!と思うお料理ばかりです。これは図書館で借りてきたのだけれど、やっぱ買おう!と思います。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

中国、北京で生まれ育つ。料理上手な母から受け継いだ料理が評判となり、料理研究家に。「料理を通じて日本と中国の懸け橋になりたい」との想いから、東京と北京でクッキングサロンを主宰。少ない材料や調味料、道具で作れる医食同源の知恵にあふれた料理が人気。
レシピだけでなく「どうすれば美味しい料理が作れるのか?旬と共に生きるとはどういう事か?」など根本的な料理の哲学について語る本。

ウー・ウェンの作品

ツイートする