人は何によって生きているか―トルストイ民話集

著者 :
制作 : 小沼 文彦 
  • 女子パウロ会
4.40
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789600651

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人間には多くの土地が入用か

    寓意は常に反語的だが、多くの土地があって幸せになった人もいるだろう。
    お金について語るときはこのようになるという運命なのはお金が持っている基本的な属性によるのだろうか。

  • 主題だけだと、何か説教めいていやかもしれません。
    副題をみれば、お話であることがわかります。

    愛のあるところに神はまします。
    人間には多くの土地が入用か
    ろうそく
    人は何によって生きているか

    の4部作。お話の中に、なにか感じるものか、考えるきっかけがあるとよい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

一八二八年生まれ。一九一〇年没。一九世紀ロシア文学を代表する作家。「戦争と平和」「アンナ=カレーニナ」等の長編小説を発表。道徳的人道主義を説き、日本文学にも武者小路実らを通して多大な影響を与える。

「2004年 『新版 人生論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

トルストイの作品

人は何によって生きているか―トルストイ民話集を本棚に登録しているひと

ツイートする