朝一番のおいしいにおい         

著者 :
  • 女子パウロ会
3.50
  • (3)
  • (4)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789604758

作品紹介・あらすじ

「食」はいのちと確信し、自らの重い病気も食べ物で治してしまった初女さんは、訪れる人をまるごと受け入れ、手料理を一緒に食べ、元気づける…。一人一人のいのちを、また、どの食材のいのちをも限りなく慈しむ著者の、料理の心とわざを優しく語った本。映画『地球交響曲第二番』出演・佐藤初女の待たれた一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 少しも押し付けがましいところがないのは、食は宗教を超越したところにあるからか。「ごちそう」の意味を考えさせられる一冊。巻末のレシピを試してみなくては。

  • 初女さんの、優しい文を読んでいると、癒されます。
    日本食っていいなと素直に思って、シンプルなご飯とお味噌汁とおひたしを食べたくなりました。

  • 佐藤初女さん、愛媛まで講演に来てくださったのに、チケット即完売で行けませんでした。残念。
    というわけで、本を。
    おいしいごはんを作ろう、そう素直に思える本。
    情報としては少ないかな。対談の章といろんな方々から寄せられた感想の章はイマイチ。
    最後についているレシピは嬉しい。
    宗教臭さはどうしても気になります。カトリック教会の出版だからしょうがないかな。

  • あこがれの女性。
    いつかこんなおばあちゃんになりたいです。

  • だしから作ったお味噌汁が飲みたくなった。

  • 素材を生かして、素直に料理すること、食はいのちである事etc
    知ってはいるけど、あらためてハッとさせられる

  • いい本、ですよ。佐藤初音さん、好きなんです。地球交響曲がきっかけで手に取った本。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

佐藤初女(さとう・はつめ) 
1921年、青森市生まれ。小学校教師、ろうけつ染め講師などを経て、83年、「心尽くしの手料理と自然な対話を」と自宅を開放し「弘前イスキア」を開設。92年、「自然の中に憩いと安らぎの場を」と岩木山麓に「森のイスキア」を開き、人々の心に喜びと勇気を与えつづけた。96年公開の映画「地球交響楽〈ガイアシンフォニー〉第二番」(龍村仁監督)でその活動が紹介される。2016年2月死去。
著書に『おむすびの祈り』『いのちの森の台所』『いのちをむすぶ』(集英社)『「いのち」を養う食』『いまを生きることば』(講談社)『初女さんのお料理』『初女さんが子育てについて伝えたいすべてのこと』(主婦の友社)『こころ咲かせて』(サンマーク出版)『限りなく透明に凜として生きる』(ダイヤモンド社)他多数。

「2016年 『自分を信じて』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤初女の作品

ツイートする