娘心にブルースを

著者 :
  • ソニーマガジンズ
3.83
  • (15)
  • (16)
  • (22)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 101
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789712842

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 30kgはあるキーボードを運ぶのを今まで女性以外手伝ってくれなくて、初めて手伝ってくれたのが桑田さん…分かるよ由子そりゃ惚れちまうよ!いい話やなあ。

    「ジェロニモを始めてからすっかり明るくなって……」とモリのお母さんに言う母萌え。

  • ・5/14 読了.生い立ちからサザンまでのエッセイ.なるほど、こうやって青学のころからのサザンが生まれたってことね.やっぱりひとえに桑田佳祐の才能なんだろうね.

  • サザンのキーボードで、桑田さんの奥様。
    原さんのことは、それくらいしか知らなかった。
    でも、この本を読んで、感受性が豊かで、面白いところもあって、魅力的な人なのだなあ、と、印象が変わった。
    タイトルも、タイトルにまつわるエピソードも素敵。
    楽しく読ませてもらった。

  • ハラボーの人柄が伝わってくる、温かな本でした。
    桑田さんとの結婚エピソードも載っていて、ファンには嬉しい1冊です。

  • 「娘心にブルースを」はサザン(あるいはその前身)の最初のオリジナル曲。だったかな。

  • やわらかくて愉快でやさしいエッセイ集。表題の意味を知るともっと楽しくなる?こんな感性を持つ人がいる国民的人気バンドを嫌いになれるわけないじゃない(笑)!

  • 面白かった~。
    はらぼうの歌を久々に聞きたくなった。
    それと、どこかで原さんのイラストを見たことがあるんやけど、どこやったかなぁ?
    思い出せずにもやもやしている。
    味があって、結構好き。

  • これは本当に面白かった。途中何度フいたことか・・・ファンに魅せる桑田佳佑さんのハチャメチャなパフォーマンスといいサービス精神は、学生時代からあったんだなぁと思うし、原さん自身もユーモアあふれる方なんだなぁと、ホント感動よりも、こんなことまでかいていいのかしらと思うぐらいの自叙伝でした。

  • サザンオールスターズの以外な裏話なども読めて、面白い。中でも夫婦喧嘩などは見もの(笑)

  • 07102
    04/28

全19件中 1 - 10件を表示

娘心にブルースをのその他の作品

原由子の作品

ツイートする