ブリジット・ジョーンズの日記―きれそうなわたしの12か月 秋冬篇

制作 : Helen Fielding  亀井 よし子 
  • ソニーマガジンズ (2000年6月発売)
3.55
  • (32)
  • (41)
  • (99)
  • (7)
  • (0)
  • 本棚登録 :272
  • レビュー :32
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789715577

作品紹介・あらすじ

体重はちっとも減らないし、恋人は取られそうだし、上司は思っきりいやなやつ…。だけどそう、結局ひとつの悩みなんて結構お粗末なものなんだと彼女は笑い飛ばすのだ!世界中の女性が待っていたベストセラー小説続編、ついに上陸。

ブリジット・ジョーンズの日記―きれそうなわたしの12か月 秋冬篇の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 後半やや事件勃発しすぎな感じはしましたが、引き続き吹き出しながら楽しく読めました。
    ラストがちょっと物足りず。

    イギリスでは14年ぶりで秋に続編が出版されるそうです。
    翻訳出版&映画化されるといいなぁ。

  • 楽観主義は
    健在だけど、やはり内面の安定ははかれない。

    ブリジットの妄想が…凄い。
    でも、お酒飲んで次の日にはまたポジティブに
    1日を過ごす。

  • マイペースで妄想が激しい主人公に思わ ずクスッと笑ってしまった。あまり好き な主人公じゃないけど楽しめた。ブリジット

  • かなりぶっとんだ展開にまずびっくり(笑)
    でもでもそこがブリジットならでは。
    ダイエットは進まないし、自分に自信なんてないけど、友達とお酒飲んで次の日にはまたポジティブに全力!そんなブリジットがみていてとっても可愛い。
    できすぎた主人公じゃなくって、でもなんだか愛らしい彼女に引き込まれます。
    マークがほんとにかっこいいのなんの。
    ちょっと奥手な恋愛模様もかわいいし。
    最後はもちろんハッピーエンド!
    元気とハッピーに溢れてるドタバタ日常コメディーでした。
    映画も観てみたいな。

  • ブリジットの空回りでも頑張る姿に癒される

  • ブリジットみたいになりたいです(^^)素敵!

  • 映画を見てから小説版を読みました。
    ブリジットの波乱万丈な人生は読んでいてとても面白いです。
    最後はハッピーエンドでよかったです。

  • 多少の使用感あり 春夏編/秋冬編と3冊セットで購入をお願いいたします 3冊セットで£10

  • ますます大変・・だったけど。

    やせれたし?

    マークともうまくいきました!

  • 何度読み返しても笑えます!

全32件中 1 - 10件を表示

ブリジット・ジョーンズの日記―きれそうなわたしの12か月 秋冬篇のその他の作品

ヘレン・フィールディングの作品

ブリジット・ジョーンズの日記―きれそうなわたしの12か月 秋冬篇を本棚に登録しているひと

ツイートする