航路(上)

制作 : 大森 望 
  • ソニーマガジンズ
4.09
  • (39)
  • (25)
  • (25)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 219
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789719339

作品紹介・あらすじ

認知心理学者のジョアンナは、デンヴァーの大病院にオフィスを持ち、朝はER、午後は小児科と、臨死体験者の聞き取り調査に奔走する日々。目的は、NDE(臨死体験)の原因と働きを科学的に解明すること。一方、神経内科医のリチャードは、疑似NDEを人為的に引き起こしてNDE中の脳の状態を記録する研究計画を立ち上げ、彼女に協力を求める。だが、実験にはトラブルが続出し、やがて被験者が不足する事態に。こうなったら自分でやるしかない。ジョアンナは、みずから死を体験しようと決意するが…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 海外SFで最も感動した作品のひとつ。SFというよりミステリに近いので万人にオススメであり、このボリュームながらサクサクと読め、オチは見当つかず、キャラクターは魅力でぐいぐい引きこまされ、泣ける。全てのエピソードに無駄がなく、ユーモアに富んでいる。ボリュームと翻訳物ということで毛嫌いせず是非読んで欲しい。こんな素晴らしい物語はなかなか無い。

  • とりあえず上巻は動きが鈍い。どういう話になるのかさっぱり掴めないまま、予想が二転三転していく。上巻も半ばを過ぎてようやく、ああこれは「ドゥームズデイ・ブック」のコニー・ウィリスなんだから、展開は予想されるべきだったと気づく。基本的にはさっぱりとしたSF。

  • 臨死体験をまじめに研究している医者の話。
    まあまあ面白いんだけど、長い…まだ上巻だよ…

  • 人の脳は臨死体験の時どうなっているのか、臨死体験とは一体何なのか?を探るSF。

    長いけど話に引き込まれてあまり長さを感じない。
    ドタバタしながら時に緊張感もあり、やはりコニーウィリス面白いな(まだこれから下巻だけど)。
    それにしても主要な登場人物がみんなちょっとクレイジー。ちゃんとしたご飯を食べてくれる場面は果たしてこの先出てくるのだろうか。笑

  • 相変わらずのドタバタ劇。
    いつ面白くなるの?
    感想は下巻で!

  • 臨死体験についての話。おもしろい。

  • 上巻を読了。
    話の展開は当然これからですね。
    しかしお邪魔キャラが多いのが
    ちょっとストレスかなぁ。
    ミスターマンドレイクとか
    ミセスダヴェンポートとか、
    いや、まともに相手にすること
    ないでしょうよ!と
    誰しも思うのでは⁇
    避けまくって遠回りしまくりとか
    ちょっと理解に苦しむわ。
    これも結末へ向けての布石なのか?
    そう思いたい。後は下巻を読んでの
    お楽しみ、ということで

  • 夢中になって読んで…お風呂でのぼせそうになった 時間が許すのならもう一度読みたい作品。

  • 読み始めたら止まらない本で検索して借りてみました。
    止まらないほどではないけれど、
    半分読み終わったところで、ようやく面白くなってきました。
    借りてみて、すごい分厚くて、字も細かく、上下巻で、ビックリしましたうれしい顔

    臨死体験に懐疑的な、主人公の医者ジョアンナが、
    どうして、みな似たような風景をみるのか?
    世の中に出回っている心霊的な本などの影響ではないか?
    本当のことを証明するために奮闘し、やがて
    自分も擬似的に体験する。。
    という話しですが、
    話の展開が、思わぬ方向になってきて、どうなるのか、後半が楽しみです。

  • お話として面白く。キャラクターに引き込まれた。

全30件中 1 - 10件を表示

航路(上)のその他の作品

航路〈上〉 (ヴィレッジブックス) 文庫 航路〈上〉 (ヴィレッジブックス) コニー・ウィリス
航路(上) (ハヤカワ文庫SF) 文庫 航路(上) (ハヤカワ文庫SF) コニー・ウィリス
航路〈下〉 (ヴィレッジブックス) 文庫 航路〈下〉 (ヴィレッジブックス) コニー・ウィリス

コニー・ウィリスの作品

航路(上)を本棚に登録しているひと

ツイートする