ふたりのアーサー〈2〉運命の十字

制作 : Kevin Crossley‐Holland  亀井 よし子 
  • ソニーマガジンズ
3.33
  • (2)
  • (3)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 22
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (565ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789719360

作品紹介・あらすじ

"予言の石"の世界で繰り広げられる円卓の騎士たちの冒険と探求の旅、騎士と王妃たちの愛のゆくえ、戴冠しキャメロットを治める石のなかのアーサー王…。いっぽう、少年アーサーの世界では、騎士になるための修行がはじまった。はじめての自分の馬、はじめてのよろいかぶと、そして、はじめて海を渡り十字章を授かる。まだ見ぬほんとうの母への思いを胸に、アーサーはみずからの運命を切り拓いていく。中世の少年を主人公にきらめくような言葉で織りなされる新世紀の"アーサー王伝説"第二弾!。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 従者アーサーとアーサー王の物語はどこかしら繋がりながら展開していく。円卓の騎士たちは次々と集まり、少年アーサーはいよいよ十字軍へ参加するため、準備を整え始める。アーサーとアーサー王が何故につながったのかはわからないままですが、物語はどんどん佳境へと向かいます。少年アーサーは本当のお母さんと会うことができるのでしょうか?マーリンは彼をどこに導くのでしょう?

  • 従者見習いアーサーが従者に。頭がよく、勇気もある少年で、いい子。実は養子だったり、母親が不明だったりと色々な事情を抱えつつ、成長していきます。
    平行して進んでいくアーサー王の物語は正直いらなく感じます。

  • 1番最初に読んだ本格的なアーサー王と円卓の騎士の物語は、マリオン・ジマー・ブラットリーの「アヴァロンの霧」の4部作でした。

    それで、けっこうイメージが形作られているので、わたしのアーサー王と円卓の騎士のイメージは、ちょっとゆがんでいます。

    その後、マロリーの「アーサー王の死」や、ホワイトの「永遠の王」などをよんだのですが、ちょっと違和感を感じていました。

    でも、今年になってからよんだ、サトクリフのアーサー王三部作や、この「ふたりのアーサー」は、あんまり違和感がないです。

    「アヴァロンの霧」で強烈に植えつけられたアーサー王の世界観は、多分、キリスト教的な世界とケルト的な魔法の世界の混沌とした混ざり合いだったのだと思います。
    そして、そのテーマは、「ふたりのアーサー」のなかでも書かれていて、それが懐かしい感じを抱かせているのでしょう。

    現実の十字軍に参加しようとしている少年アーサーと予言の石のなかのアーサー王の物語。
    主人公の少年自身が自覚的なように、いろいろなはざまのなかに、世界はできています。
    隠された真実。正しいことへの憧れと自分の弱さ。まぶしい女の子達。自らの未来と責務。

    次巻で完結ということで、続きが楽しみな物語です。

  • アーサー純粋すぎてもう(*ノェノ)キャー

全4件中 1 - 4件を表示

ケビンクロスリー=ホランドの作品

ツイートする