時の旅人クレア〈1〉―アウトランダー〈1〉 (ヴィレッジブックス)

  • ソニーマガジンズ
3.59
  • (24)
  • (16)
  • (46)
  • (2)
  • (4)
本棚登録 : 208
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (387ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789719810

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大好きなリンダハワードが絶賛していたので、手にした本。

    読んだのはずっと昔なので、内容は覚えていない...

    説明
    内容紹介
    空前のロマンティック・アドベンチャー巨編いよいよ開幕!「好きな本を一冊だけ挙げろと言われたら、迷うことなくアウトランダー・シリーズを選ぶわ/リンダハワード」
    第二次大戦終結直後、従軍看護婦だったクレアは夫とともにスコットランドのハイランド地方で休暇を過ごしていた。ある日、地元の人間に教えられてストーン・サークルを訪れた彼女は、突如異様な感覚に襲われ、意識が混濁する。
    気がつくと、古めかしい衣装の戦士たちが眼前で戦いを繰り広げていた。逃げかけた彼女を捕らえた男の顔を見ると、夫にうりふたつ。こともあろうに、その男は夫の先祖だった。クレアは18世紀にタイムスリップしていたのだ!
    世界中で人気沸騰のロマンティック・アドベンチャー巨編、いよいよ開幕!


    内容(「BOOK」データベースより)
    第二次大戦終結直後、従軍看護婦だったクレアは夫とともにスコットランドのハイランド地方で休暇を過ごしていた。ある日、地元の人間に教えられてストーン・サークルを訪れた彼女は、突如異様な感覚に襲われ、意識が混濁する。気がつくと、古めかしい衣裳の戦士たちが眼前で戦いを繰り広げていた。逃げかけた彼女を捕らえた男の顔を見ると、夫にうりふたつ。こともあろうに、その男は夫の先祖だった。クレアは18世紀にタイムスリップしていたのだ!世界中で人気沸騰のロマンティック・アドベンチャー巨編、いよいよ開幕。

  • ロマンティックアドベンチャーなるシリーズを読み始めました。

  • 再読。タイムトラベルロマンス。初回は面白かったが、映像化されたので再読したら、ドラマでの配役が頭にちらついて楽しめなかった。映像では主要人物が全てイメージと違ってがっかりしていたので、原作もその影響を受けてしまった。かなり長いシリーズで、まだ読んでいない巻(原書での3巻以降)があるのでどうなっていくのか興味はあるが、イメージが崩れたので難しい。

  • 【アウトランダー1作目】まだまだ読み始めたばかりで物語についていけてないしそこまでハマってないけど結婚云々と出てきて面白い事になりそうな予感。さっそく2作目に突入したいと思います。

  • スコットランドのハイランド地方が舞台。第二次大戦終結直後の1945年から18世紀の戦闘時代へ主人公がタイムスリップする話。主人公は元看護師の女性。夫と訪れた地で一人散歩していて、突然タイムスリップしてしまう。18世紀のスコットランドで夫の祖先に出会い、その敵の一族に助けられ、一人の男性と結婚したりすることになる。戦闘のただなかで病人やけが人の手当てや看病をし、異常な環境で生活する強い女性が主人公として描かれていて先が気になってしようがない。歴史ロマンスアドベンチャーファンタジー物語みたいな作品。手を出してしまったが、続きが大量にあるのでどこまで読めるか未定。

  • 恐ろしく長い期間読書から遠ざかっていたのだが、これが久々に「ちゃんと読んだ本」だ。続きを読もうか否か迷っているところ!

  • 2012年5月27日再読完了。

    実は、長い事積読状態だった9巻目を読もうと思ったら、すっかり前の話が抜け落ちてて、思い切って1巻目から読み直すことにしました。
    9年ほど前に読んだときも面白いと思ったけど…読み直したら…すごい!やっぱ名作だ!

    この1巻目は本当に序章で、主人公の二人にもロマンスは全くない。
    最後に、事情があって結婚しないといけなくなっちゃうんだけど、その結婚式の前の日で1巻はおしまい。

    一応、8巻までは一度は読んでるのでこの先の展開はわかってるんですが…わかってて読むと、ますます主人公のクレアとジェイミーがいい!二人とも本当に魅力的。二人とも大好きです。
    ジェイミーに至っては、この1巻目のなんだかかわいい事かわいい事。クレアから見ると「年下の坊や」状態だもんね~。

    再読なのに、夢中になってしまってます。

  • 戦争が終わり、看護師をしていた6年間3回しか会えなかった学者の夫フランク・ランダルと新婚の頃行った夫の先祖の地・スコットランドのハイランド地方での休暇を過ごすクレア。
    小さなストーンヘンジで突然、夫が調べていた悪名高いジャック・ランダルのいた18世紀にタイムスリップしてしまい...。

    戦前のしっかりした賢い女性だからか、タイムスリップしてもあまり不用意に騒がず、自分の出来ることを流れに乗って立ち回り行う...そしてそのままジェイミーと結婚って...過去のハイランドの生活やジャコバイトのことなど興味深くて面白いけれど、意外とその描写が長くてこのままロマンスの展開(表現が妙に官能小説っぽいのが浮いててちょっと...)になるのかと思うとちょっとあと10巻読むのはだるいかも。

  • ”ヒステリックに泣きながら、わたしはジェィミーの胸に倒れこんだ。いい青年だった。誰かをよんだり戸惑って逃げたりするどころか、床に座ってわたしを膝に乗せ、いいほうの腕でしっかり抱いてくれた。” <本文より>



    ジェイミー、きみはなんていいやつなんだ
    それに比べてランダルのどSっぷり

    びっくりだよ
    ほほえみながらジェイミーを鞭で打つランダル…


    ジェイミーが幸せになる事を祈りながら次巻読みます

  • 第二次大戦終結直後、二度目の新婚旅行にスコットランドに来ていたクレアは、ストーン・サークルで意識を失い、なんと18世紀にタイムスリップしてしまう。
    夫の先祖に当たるそっくりな男に捕らえられ、思いがけないクレアの大冒険が始まります。
    従軍看護婦だった経験を生かして助けた若者との間に恋が生まれますが…
    この若者が良い奴で(^^)
    夫にそっくりな方は悪い奴というのは何でしょうね、現実から離れたいという願望に添った展開!?
    原題は「Outlander」
    あちらで大ヒットしたのもうなずける波乱万丈の物語です。
    作者は大学で教えている人で、確かな知識の裏づけがあり描写が詳しい。
    その上にロマンス作家顔負けの生々しい感情表現が加わっているのです。
    フルコースの後にデザート選び放題といった趣!

全22件中 1 - 10件を表示

ダイアナ・ガバルドンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジュード デヴロ...
有効な右矢印 無効な右矢印

時の旅人クレア〈1〉―アウトランダー〈1〉 (ヴィレッジブックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×