ネズミの時計屋さんハーマックスの恋と冒険〈1〉“月の樹”の魔法

制作 : Michael Hoeye  雨沢 泰 
  • ソニーマガジンズ
3.45
  • (8)
  • (13)
  • (28)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 107
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789720533

作品紹介・あらすじ

ネズミの時計職人ハーマックス・タンタモクは、平凡ながら充実した生活を愛する独身主義者。けれどもある日、壊れた懐中時計を持ちこんだ女飛行士リンカに、すっかり心を奪われてしまう。しかし、リンカはいつまでたっても時計を取りにこない。名刺をたよりに訪れた部屋は、ひどく荒らされていた。事件の裏には、不老の秘薬"月の樹"をめぐる陰謀が。行方不明になったリンカへの想いはつのるばかり。さあ、どうするハーマックス!?かくして恋と時間の大冒険がはじまった!夫から妻へ-75通のメールが、全米ベストセラー小説になった。永遠の若さを約束する月の樹をめぐる恋と時間の大冒険。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白かったー
    まさかこんなに面白いとは!
    ネズミが主人公というのは私が入りやすい要因でした。

    彼のいつも生活から一気に冒険へ。
    なかなか想像しずらい場面もありましたが、なんとか付いていきました。

    章が短くわかれているので私はとっても読み易かった。
    目次マニアなので。

    最後の……
    ハーマックスお疲れ様!!!

  • ネズミの時計職人ハーマックスの元にやって来た飛行士リンカ。彼女はハーマックスに壊れた懐中時計の修理を頼むのだった。リンカに一目惚れをしたハーマックスは懐中時計を修理するが彼女はいつまでも取りに来なかった。そんなある日彼女の代理人だという怪しげな男がハーマックスの元に現れた。
    ネズミの時計屋さん、しかも恋と冒険というタイトルから、甘やかなファンタジーを想像して読み始めたのですがハードボイルド的展開が待っていました。
    人死に(ネズミ死に?)も出る物騒な事件に巻き込まれたハーマックスですが、リンカへの恋心を支えにずんずんと突き進むのです。おやじネズミと揶揄されるハーマックスですが、想いは一途で一直線です。怪しい男を尾行しリンカがさらわれるところを目撃し、重要な情報を入手し敵地に乗り込んでいきます。
    その展開の小気味いいこと。訳者あとがきによると作者が海外出張の妻に毎夜送ったメールが元になっているとのこと。なので1章1章が短く、テンポのいいセリフの応酬や場面転換も軽やかなのです。かなり思い切ったストーリー展開なのですが、それも気にならず一気に読まされます。
    ハーマックスたち動物が人間さながらの生活をしているのですが、その舞台はこの世界のどこかなのか、全く違う次元の世界なのかはハッキリとしません。この世界で100年ほど前の感覚でしょうか、その世界観も楽しめます。ハーマックスは鳥かごにテントウムシのターフルを飼っているのですが、ネズミとテントウムシの大きさの対比はどうなるのだろう? などと考えながらその世界に浸るのも楽しかったです。
    このシリーズは第3作まで出ているのだとか。これはまたまた読まねばならない本が増えました

  • 海外作家さんの本、新境地です。図書館で、読んだことない作家さんの本をふらりと探していて、装丁がきれいで可愛かったので手に取りました。わたし海外作家さんの本は基本的にあんまり好まないので、ほんと、新境地。洋書って、訳されるとなんかセリフとか嘘くさいというかなんというか。「まあ!~だわ!~かしら!」とか会話で出てくるとなんか萎える。いかにも日本語訳ですって感じで。感情移入できないというか。でもね、このハーマックスのお話を読み始めたら、そんなのどっかに吹き飛びました。だめだね、先入観と固定概念。良くない。物語にどんどん引き込まれていって、続きがすごく気になるお話でした。登場人物?登場動物?もみんな可愛い。これ映像で見たいなあ。これは想像力がフル回転です。どうなっちゃうの??って思いながら読んで…最後、ハーマックスの恋には、なんて言ったらいいか(笑)でもこれは本当に楽しいお話でした。たまにはこういうのも良いね。ファンタジー系も、わたし苦手だったけど、たまに読むとすごく面白いということに気が付きました。次のシリーズ2作目も借りてきたし、またあの世界に飛び込みます。

  • 終わり方がきれい!
    イラストでハーマックス見たいなあ
    おもしろかった

  • 話が途切れ途切れになっていて、面白い感じが持続しなかった。ターフルがどんなテントウムシかとか、他の動物たちがどんな様子なのかとか、想像がつきにくかった。

  • おしゃれなハードカバージャケットに惹かれ手に取った本です

    内容はネズミが主人公の冒険活劇
    ハーマックスがある日、自分が営む時計屋に来た女飛行士リンカに一目惚れしたことから始まります

    恋あり冒険ありの王道ですが、かなり面白くて寝ずに読んだ記憶があります
    大人でも楽しめる一冊だと思います

  • 子供にもお薦めな物語だと思います。若干「グロテスク?」と思う表現はありますが。

  • ジャケット買いでした。でも可愛い、楽しい!続編も良かった!

  • ハーマックス、かわいい!!!
    一緒に冒険してるみたいで、入り込んでしまう!!!
    たのしい!!!
    カバーがきれい!!!

  • オシャレな雰囲気があって好きです。
    恋のオチは、せ・・・せつねぇ・・・。

全20件中 1 - 10件を表示

ネズミの時計屋さんハーマックスの恋と冒険〈1〉“月の樹”の魔法のその他の作品

Time Stops for No Mouse: A Hermux Tantamoq Adventure ハードカバー Time Stops for No Mouse: A Hermux Tantamoq Adventure マイケル・ホーイ
Time Stops for No Mouse (A Hermux Tantamoq Adventure) 図書館 Time Stops for No Mouse (A Hermux Tantamoq Adventure) マイケル・ホーイ
1-B07G7PRP32の詳細を見る Audible版 1-B07G7PRP32 マイケル・ホーイ

マイケル・ホーイの作品

ツイートする