ゴシップガール〈2〉恋するセレブ篇

著者 :
制作 : Cecily von Ziegesar  鹿田 昌美 
  • ソニーマガジンズ
3.51
  • (10)
  • (14)
  • (40)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 92
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (373ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789720649

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ハイレベルなAPクラスを多数取り好成績を残し、大学進学適正試験であるSATでもハイスコアを出す。大学訪問をし面接を受け、課外活動をアピールするなど、強い志望動機や、自分が勉強だけではない魅力的な人間だとアピールする。アメリカの入試制度はこんな感じみたいです。入試の点数だけで合否が決まる日本の受験制度とはだいぶ異なるようです。ドラマでも大学の有力者に顔を売るためのパーティーに出たり、ブレアがドロータに骨董品を落札させて欲しがっている相手に交渉するシーンが確かありましたよね。でも、寄付でカリキュラム変えちゃうって、セレブどんだけww

    今回派手に壊れていたのがブレアだったけど、大学の面接は、努力してきたブレアやダンより、1番やる気のなかったネイトがいい感じでしたよね。ホテルでの一件は、努力してきたのにもったいないよ、ブレア起きろ〜と思いながら読んでました(笑)

    最後の方ですれ違ってしまったセリーナとダン、素敵な関係になりつつあるジェニーとネイト、完璧な人生だったはずなのに、自ら台無しにしてしまったブレア、あんなに意地悪されたのに、ブレアを心配するセリーナ。2人の友情は復活したように見えたけど、今後どうなっていくんだろう。

    3巻も楽しみです。

  • 2008/07/29読了

    セリーナの優しさがしみる。正直、ダンのネガティブポエムは気持ち悪い…。
    しかしドラマでは成立しているから不思議
    ジェニーもネイトといいカンジ。ブレアがどんどんかわいそうで見てられなくなってくる。最悪のオードリー・ヘップバーンになるのだけは回避して欲しい。
    セリーナと仲直りできてよかったから、あとは自分に正直になれば幸せになれると思う。ネイトの力を借りなくとも、一人で立てる人間になってくれればいいな。バージンも焦りすぎてる気さえするから。
    落ち着いたら、ブレアは最高にセレブな女なのにな。

  • いい年して読むものでもないかと思いながらも、ただひたすら中味がなくライトなゴシップネタづくしがラクでいい。

    誰と誰がくっついただの、離れただの。
    正直、どうでもいいんだけど、きらびやかなアッパー・イーストサイドというフィルターをかけるとそれなりに面白くなるから不思議。

  • 2年前に読んだから、内容覚えてないけど・・・。
    このシリーズはほんとに面白い!

  • 全然飽きない!!
    男性陣ではやっぱり、私はNが好きかなー!

  • レビューにはSに憧れるってよく見かけた気がする。
    でも私は1巻ではSもBもどっちも嫌だった。
    2巻になってちょっと良くなったぞ、Sの印象?
    一方Bの印象は悪くなるばかり。

    Sを嫌ってたB。
    2巻の最後で和解した。
    3巻でどうなるんだー?

  • 2巻目もやっぱり面白い!!
    パリスとニコールみたい☆

  • <Font Size="1"><Font Face="Osaka"><font color="#FFCC00">coming soon...</font><br>
    <font color="#FF9900">coming soon...</font></Font></Font>

  • うーん・・ネイト最悪!!
    波乱万丈第二巻!!

  • 波乱含みな内容が刺激的でおもしろいです*) ただ1巻のような続きが気になる感はないかも。

全17件中 1 - 10件を表示

セシリーV.Z.の作品

ツイートする