黒髪のセイレーン (ヴィレッジブックス)

制作 : Liz Carlyle  新谷 寿美香 
  • ソニーマガジンズ
3.33
  • (1)
  • (3)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (556ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789721349

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 夫の謎の死で亡くしたばかりのヒロインの元へ、息子達の家庭教師として行くことになった軍人ヒーロー。
    プレイボーイヒーローも好きだけど、今作のように高潔なヒーローも見ていて気持ちいい。
    堅物ヒーローがヒロインに誘惑されタジタジになってる姿は可愛らしかった。
    癇癪ヒロインだけど色々な出来事からのストレスや子供達のことを考えると仕方ないよなぁと全然許容範囲内だった。
    翻訳?原文?のせいかちょっと独特な文章だったけどそこも含めて楽しく読み終えた。

  • 続編にあたる「今宵、心をきみにゆだねて」を先に読んでしまっていたのでネタバレをひとつ知ってたものの、作中で進行する事件の犯人は知らなかったのでサスペンスものとしても読めた。ヒーローが(続編と違って)とてもとてもいい人でしかも顔良し体良し性格良しの3Y、ヒロインはかんしゃく持ちで攻撃的だが理由があってのことなので、二人のハッピーエンドを楽しく見守れた。

  • 英国陸軍の大尉コール・アマーストは、叔父から奇妙な頼み事をされた。親戚に当たるマーサー侯爵夫人ジョネットの息子たちの家庭教師をしてほしいというのだ。マーサー侯爵は先ごろ不審な死をとげ、ジョネットに殺されたという噂がロンドンの社交界に流されていた。叔父の真の目的は彼女の行状を探ることだった。
    彼の依頼を承諾したコールは、妖艶なジョネットに心ならずも惹かれていく。だが、滞在することになったマーサー邸では恐るべき事件が待ち受けていた。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

リズ・カーライル(Liz Carlisle)モンタナ州ミズーラ生まれ。米国有機農業研究の中心、カリフォルニア州立大学のバークレー校「多様性農業システムセンター」の研究員。地理学の博士号を同校で取得したほか、ハーヴァード大学の学士号も持つ。カントリーミュージックの歌手として全米を巡業し、またモンタナ州の有機農家でもあるアメリカ上院議員ジョン・テスターの立法補佐官を務めた経験がある。

黒髪のセイレーン (ヴィレッジブックス)のその他の作品

リズ・カーライルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする