生きながら火に焼かれて

  • ソニーマガジンズ
3.64
  • (98)
  • (109)
  • (250)
  • (9)
  • (0)
本棚登録 : 769
レビュー : 183
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789722612

作品紹介・あらすじ

中東シスヨルダンの小さな村。学校にも通わず、鞭で打たれながら奴隷のように働く17歳の少女スアド。恋愛は死に値する行為と知りながら、恋する気持ちは止められなかった。今なお虐待と死の危険にさらされている女性たちの、衝撃の記録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 過酷な現実をわかりやすい文体で伝えている本
    女性に生まれただけでこの扱い
    教育を受けずに育つこと
    ロバや羊以下として扱われること
    この現代社会でこのようなことがあるんだろうか
    本人がどこかで生きて暮らせますように

  • 今も世界のどこかで行われている名誉殺人。風習や文化の違なので、私はそれが間違っていると言うことは出来ませんが、殺されている女の子は、風習や文化が違えど、私たちと同じように恋をしたり好きな人が出来る普通の女の子でした。自分の味方であるはずの家族に殺されるのはどんな気持ちなのか想像がつきません。生まれる地域を選ぶことは出来ないのに、女に生まれた以上、一生奴隷のような生活を強いられるのはおかしいと思いました。こうして自分の意見を言えるだけでも私は恵まれた環境にいるのだと改めて気づきました。

  • こういう話をみると、文化のせいとか宗教のせいとかなにかに「責任」をおしつけて、「ひどい」と憤ることで終わってしまいがちだけど、少し前までの日本でも、姦通罪とかあったし(不倫じゃない、これは恋しただけで火あぶりなんだからもっとひどい・・・とかいうことはさておき)それがいまやここまで来ているのだから、変えられないことは絶対にない!と言いきれる。
    今も同じ目に遭ってる人がいるけれど、一人でも多く助けられますように。救われますように。

  • ぬくぬくと日本で生きてきた私にとって衝撃の内容でした。
    こんな国が今でもあるのかと恐ろしく思いました。
    イスラム圏内の国では今でも女性が男性と接触しただけで家族から制裁を受ける。
    その制裁とは生きたまま頭にガソリンをかけて火を着けられるというもの。
    それがある国ではごく普通に行われているということ。
    とても狂っていますが、その国では悪いと思ってやっていない。
    むしろ無断で女性が男性と触れ合う事の方がその国では罪なのです。
    女性は家畜以下ということが普通。

    悪い人は自分を悪いと思っていないから悪い事が出来るのかもしれません。
    家族内殺人という恐ろしい正義。
    名誉の殺人のターゲットになったスアド。
    『人を殺してはいけない』は当たり前と思っていました。
    その『当たり前』が通用しない国が本当に存在する恐ろしさ。
    普通とか常識とか当たり前というものはいったい何なんでしょうか。

    救いはスアドが生き延びた事。

  • 表紙のインパクトがすごすぎて、前から気になってたけど、ふと手にとったので読む。
    題名から戦争の話かと思っていたら、火をつけたのは彼女の家族だった。
    信じられないような凄絶な内容だった。女の人の命は、家畜よりも軽んじられている。こういうことが今もまかり通っているとは。
    イスラム圏で女の人が外に出て行くことが難しいということは漠然と知っていたけど、それは女の人をそれだけ大事にしているからかと思っていた。
    文化=常識が違うっていうことがどんなことか考えさせられた。
    絶対に間違ってると思うけど、この村の男の人たちが悪人なのではなくて、それがごく当たり前になってしまっている世界の背景も理解しなくてはいけないわけで。
    それが名誉に関するなら、確かにものすごくデリケートで難しい問題だ。

  • 「当たり前」って観念は、すごく怖いんだなと思いました。

  • まずは、怖い。こんなことが世界のどこかで現実に起きているとはあまり思いたくはない。しかし真実でもある。

    異なる文化圏のことを理解するのはとても難しいし、わたしたちの世界の正義を押し付けるだけではいけないのは分かってる。しかし、だからといって「これが私たちの文化です。こうやって他人を蹂躙して家畜以下に扱うのが伝統です。」といわれたからといって、文化や伝統という言葉で人間の尊厳や人権が踏みにじられているのを無視していいわけがないよね。

  • 知人にすすめられて読んだ本。女性を物以下、家畜以下のように扱う世界がまだあることに怒りを覚える。文化・宗教の違いで済む話ではない。これが文化・宗教ならどんな殺人でも認められそうな気がする。

  • この作者は今も隠れて生きている。名前も偽名では有るが職業を持ち三人の子供にも恵まれ、5人家族の幸せな家庭を築いている。

    彼女は、ヨルダン川を遡り、政治や法律も届かない奥地の村で生まれた。
    女に生まれただけで、家畜以下の労働を強いられ、父親の暴力は激しく、仕事以外は塀の外に出ることができない。外の文化も知らず、教育もなかった。日々働くことだけの暮らしだった。
    村は男社会で、男には自由があった。家庭の中でも男だけが人間だった。
    女の子は、成長して結婚の機会があれば、家の名誉のため、見得のためにできるだけ派手に支度をして、宴を開く。
    そして男の子を生まないといけない。女ばかり産むと虐待されときには殺されることもある。
    必要の無い子供が生まれるとソッと殺してしまう。こともある。

    そして、女の子は、男を見てはいけない、手足を見せるような服を着てはいけない、結婚までは処女でいなくてはいけない。もしその掟を犯したなら、家族の名誉のために殺され、排除されてしまう。
    嫁に行かない妹は弟が首を絞めて殺したようだ。


    著者のスアドは、19770年後半、17歳で向かいの青年に恋をする、妊娠してしまうと、恋人は逃げ、母に知られてしまう。
    彼女の処置について家族会議が開かれていた。どういう方法で誰が殺す役を引き受けるか。
    身に危険を感じながらおびえていた数日後、井戸端で洗濯中に、義兄からガソリンか、灯油のような液体を頭から掛けられて火をつけられる。
    燃えながら走り気を失なってしまう。目が覚めると病院にいた。一命を取り留めたが、治療も受けず乱暴に体に水をかけられベッドに寝かされていた。
    そして意識ももうろうとしたまま7ヶ月で男の子を生む。

    そこに<人間の土地>と言う福祉団体で働いている、ジャックリーヌがきた。医師を説得し、両親に国外で死なせることを約束し、子供を探しです。
    子供とともにスイス行きの飛行機に乗せる。初めての文化に触れて適応していくように指導してもらう。子供は養子にして預け、仕事にも就く。
    文字は少しだが読めるようになり、20回の皮膚移植を受け、家庭を持つことができた。

    過去のストレスから開放されず、何度もうつ状態にもなる。

    だが今でも世界で「名誉の殺人」と言う名の下に、逃れて名を変え、隠れて暮らしていても見つかり殺されている。

    彼女はこの本を書いて多くの人に現実を理解して欲しいと訴えている。




    私は以前同じ出版社の「イヴと7人の娘たち」と言うノンフィクションを読んだ。とても興味深い内容だったが、その時この強烈な題名を見た。
    恐れをなして読めなかったが、最近 女性の隔離収容所が舞台のミステリを読んだ。イギリスの映画も思い出して、この本を図書館で借りてきた。
    今も行われている中東を中心にした<名誉の殺人>と言う現実を知った。


    <名誉の殺人>今は法的にも認められてはいない。でもとふと思った。日本のあだ討ち、上意討ち、果し合い、御前試合。武士の名誉は命がけだった。
    外国でも決闘が有り、日本人が参加したというのもチラッと読んだか聞いたか。今は決闘法ができたとか、それでも人は名誉を守るために命をかける。命を奪う。
    名誉が命より大事だと思う人々の犯す罪は、深い深い人の根源に連なっていて、ひとつの思想が認識されるのには100年かかると言う、しかしこのような問題は、こうした本や教育によって改められていくしかないのだろうか。

  • タイトルどおり、生きながら火に焼かれて生き延びた女性の実話。

    場所はヨルダン川西岸地域。
    著者スアド(仮名)は17歳のときに初めて恋をし、その相手の子どもを身ごもってしまったために、家族から「名誉を汚した」罰として火あぶりにされた。

    彼女が生まれた村では、女性は牛や羊以下の存在。学校へ行くなんてもってのほか。
    1人で敷地の外から出ることも出来なければ、砂糖粒を1つでもこぼせば父親から皮の鞭で何度も叩かれる。
    「家畜より役に立たない」女の子は2,3人ならいてもいいけどそれ以上は要らない。
    だから、生まれてすぐ母親自らが窒息死させる。

    女性の命は非常に軽い。
    家族の名誉を傷つけた彼女は殺されて当然。
    しかも、その行為は「殺人」ではなく「名誉」であり、実行犯は「英雄」扱いされる。
    村では当たり前の行為で、誰も疑わない。

    ヨルダンだけではなく、イラン・イラク・パキスタン・インドでもこの慣習は残っているそう。
    これがイスラムの教えとする主張と、イスラムとはイコールではないという主張があって、本当のことはわからないけど、どちらにしても、外国のNGOがどんなに働いても、村の慣習を変えるのは難しいのが現状。

    なぜそんなに女性の地位が低いのか??
    女性が虐げられる理由など全く見当たらないし、むしろ、妊娠・出産という女性にしか出来ない生命の神秘をもっともっと尊ぶべきではないのか。女性を蔑む男性は誰のおかげでこの世に生を受けたと思っているのか。全く理解できない。

    もっと世界の女性の人権問題に関心を持たなければいけないと強く思う。

全183件中 1 - 10件を表示

スアドの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
モブ・ノリオ
宮部 みゆき
金原 ひとみ
奥田 英朗
酒井 順子
ZOO
乙一
中野 独人
綿矢 りさ
有効な右矢印 無効な右矢印

生きながら火に焼かれてを本棚に登録しているひと

ツイートする
×