• Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789723237

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 9人のかたによるエレガンス
    フランスに関わっている方が多いです。

    全部読んでこそ、意味があります。
    見出しだけだと「む?」と思ってしまったことが、
    完読して、すごく納得しましたから。

  • エレガントに生きる-。年を重ねるごとに美しい女性になるにはどうすればいいのか? 9名の美のセレブたちが教えてくれる、エレガントな、魅力的な女性になるための秘密とは。

    納得できる人とそうじゃない人との差が大きい…。
    自慢話だけになっている人もいた(そう感じただけかもしれないが)。

  • 意外とつまらなくて、途中で読むのやめてもう今はありません。

  • 『「その服どちらの?」
    「~~のものです。」
    「今年のもの?」
    「いえ、去年のものです。」

    という会話にがっかりした。

    「その服すてきね、えりこにとてもよく似合っているわ」
    といわれたときはとても嬉しかった。』

    という一文が頭に残っている。たしかに、素敵だと思えばそれを伝えればいいことで、
    無駄な調査・・・というか詮索は必要ないなと思える。

    それから、『大変なことを大変そうに見せない』
    というのがよく見られる意見だった。
    あくまで謙虚に。でも控えめすぎてもいけない。

    また、両方の膝ぴったりつけてふくらはぎを伸ばし、つま先だけを地面につけること。
    この座り方もきれいなんだそうだ。


    「ま、こういうこともあるわね」という達観。
    これもエレガンスの条件。たしかに、エレガントな女性は、慌てないイメージだ。

    「自分を誇示したり自己顕示しないこと。」
    これは誰でも犯しがちな失敗だと思う。どうしても人に認められたくなってしまう。
    富豪でさえ何カラットのネックレスをつけて誇示し、シャネルに皮肉を言われるのだから。
    私も気をつけたい。

全4件中 1 - 4件を表示

中村江里子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする