• Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789723626

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 靴好きとしては読み逃せないと思ったけど…どのお話もあんまり靴関係ない…

    華奢で女っぽいハイヒールがやっぱり好きですがセクハラ・パワハラ上司を「スニーカーで一本背負い」しちゃうのはスカッとしました。

  • 靴をテーマにした短編集。
    表紙はおしゃれだし、テーマも素敵なんだけど、
    中身は良いわけでもないし悪いわけでもないって感じ。
    (というか当たり外れが大きいのかも?)

    個人的に好きなのは
    斎藤綾子「スニーカーと一本背負い」
    狗飼恭子「空に星が綺麗」

  • 題名から分かるように、「靴」がモチーフのごく短い話が8編。あんな彼女の靴、こんな彼女の靴。キラキラとまばゆいようなブランド物の靴もあれば、スニーカーもある。そう、彼女たちの足元は光っている。靴たちが彼女たちを広い世界に連れて行ってくれる。恋が彼女たちを待っている。

  • 恋愛は大変だ。靴に合う恋愛はあるかもしれないけれど、靴に合わせる服も鞄も揃えるの大変だし…。でもお洒落は足下からって上手いよなーって思う。

  • 靴をテーマにした8人の作家による短編集。
    横森理香、甘粕りり子、狗飼恭子、斎藤綾子、谷村志穂、野中柊、山咲千里、やまだないと(漫画)

    野中柊「サイズ」がオチがきいていて面白かった。
    だが、靴文化の無いというか靴に重点を置かない、素足文化の日本人、期待したようなお洒落感のある短編集にはなっていなかった。
    (図書館)

  • 短編ばかりだったので、読みやすかった。個人的には『サイズ』が好き。

  • × 谷村志穂 赤い靴のソウル
    ○ 野中柊 サイズ
    ◎ 斎藤綾子 スニーカーと一本背負い
    ○ 横森理香 ハイヒール
    △ 狗飼恭子 空に星が綺麗
    × 山咲千里 わたしと同じ靴
    ○ 甘糟りり子 冷たい部屋
    × やまだないと 「それは彼の靴」

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    靴の数だけ、恋がある…
    靴を買う、靴を履く、靴を脱ぐ。いまをときめく8人の作家たち-甘粕りり子、狗飼恭子、斎藤綾子、谷村志穂、野中柊、山咲千里、やまだないと(漫画)、横森理香-がスペイン映画『靴に恋して』にインスパイアされて綴った、靴にまつわる恋物語。

    【キーワード】
    単行本・アンソロジー・靴・恋愛


    +1

  • 靴にまつわる小説をあつめた一冊。タイトルのイメージとのギャップが大きかった。

  • もっと靴がドーンと話の中心にある話がほしかった。

全48件中 1 - 10件を表示

谷村志穂の作品

ツイートする