白衣の神のつぶやき―イヴ&ローク〈8〉 (ヴィレッジブックス)

  • ソニーマガジンズ
3.33
  • (4)
  • (6)
  • (21)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 91
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (589ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789725354

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【イヴ&ローク8作目】今回は登場人物も多いし複雑な事件だった。バワーズの物凄い勘違い女っぷりが半端ない。イヴとディマットが新たによい友人関係を築けていけそうでよかった。今回はイヴにとって辛い事も多かったけど、ロークを筆頭にたくさんの愛情を受けていた。イヴがどんどん愛する事と愛される事に慣れていくのが微笑ましい。

  • イヴを絶望のどん底に突き落とす狡猾な罠!

    ニューヨークでホームレスの男が殺害された。犯人はたくみな手術を男に施し、心臓を持ち去っていた。捜査に乗り出したイヴは、似通った事件が他の都市でも発生していたことを知る。犠牲者はみな、何らかの臓器を摘出されていたのだ。その手口からして、犯人は外科医としか思えない。が、被害者たちの健康状態から察するに、彼らの臓器は売買の対象にすらならないはず。果たして犯人の目的は? そのうちにイヴは犯人の狡猾な罠にはまり、かつてない窮地に追いやられる。大富豪の夫ロークは愛する彼女のために全身全霊を捧げるが……。

  • 購入済み

    内容(「BOOK」データベースより)
    ニューヨークでホームレスの男が殺害された。犯人はたくみな手術を男に施し、心臓を持ち去っていった。捜査に乗り出したイヴは、似通った事件が他の都市でも発生していたことを知る。犠牲者がみな、何らかの臓器を摘出されていたのだ。その手口からして、犯人は外科医としか思えない。が、被害者たちの健康状態から察するに、彼らの臓器は売買の対象にすらならないはず。果たして犯人の目的は?そのうちにイヴは犯人の狡猾な罠にはまり、かつてない窮地に追いやられる。大富豪の夫ロークは愛する彼女のために全身全霊を捧げるが…。

    Conspiracy in Death by J.D.Robb

  • 長いから読むのに時間がかかりそうだなぁと思っていましたが、1日ちょっとで一気読みでした。空恐ろしい事件でした。相変わらずローク、かっこいいです。イヴ、素敵過ぎます。

  • 捻りがなさすぎたのか、変な方に期待しすぎていたのか、面白そうなテーマだけにショックが大きかった。

  • シリーズ8作目。今回はイヴのアイデンティティとも言える警官バッジを取り上げられるというお話。何と言うか、面白いとは思うのだけれどイヴはどこまで頑ななまま突き進むのだろうと思う。過去の自分のトラウマが自分を絡め取って身動きできない状態でいるまではいいと思うが、それを周囲に押し付ける行為はどうかと思う。ちょっとそれが度を過ぎているようで、しかもシリーズ8作にして未だ良い方向へ向かっている気配がないあたりうんざり気味?って感じかな。

  • イヴ&ロークの8冊目。
    <br>前回のクリスマスの後、年が明けて1月のお話です。この間に、クリスマスからニュー・イヤーにかけての短編があるんですが、あれは翻訳されないのかな。<br><br>
    このアマゾンのランキングは発売日の4月20日だったかと思います。100位以内に入ってるんでびっくり。私がいつも行く本屋でも今週は文庫本の1位にランキングされてました。結構固定ファンがいると見た。<br><br>
    今回の読みどころは、やはり、イヴにとってロークの次に大事な警官バッジを取り上げられてしまうところです。イヴにとって警官であることは、アイデンティティの核をなしています。自分と自分の世界をコントロールしているという象徴を奪われたイヴは、自分の殻に閉じこもってしまいます。<br><br>
    シリーズ当初はとげとげしさが目立つきつい印象のイヴでしたが、ここにきてずいぶん性格がマイルドになり、女性らしさが目立ってきたように思います。1巻と8巻を読み比べるとイヴの印象ががらっと違いますね。彼女が人間として女性として成長して行く過程が読めるのも面白いです。

全9件中 1 - 9件を表示

J.D.ロブの作品

ツイートする