波間に眠る伝説 (ヴィレッジブックス)

  • ソニーマガジンズ
3.50
  • (1)
  • (5)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (441ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789729314

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 突如、養父ロンタナのヨットが大爆発を起こしたのを見て、メリスは慄然とした―遺書めいたものを送りつけた彼に会いに来た所だったのだ。
    翌日、彼女の元を特殊部隊あがりの探検家・ケルビーが訪れる。
    彼もロンタナから謎めいた手紙を受け取っていたのだ。
    ロンタナもケルビーも、ある海の伝説を信じ、それを証明したいと思っていた―その鍵を握るのは海洋生物学者のメリスと彼女と暮らす二頭のイルカたち。
    ケルビーとメリスは証明の探索に着手するが、同時に何者かの標的に…ロマンティック・サスペンス。

    もう一章あってもいいんじゃないの、って終わり方でちょっと物足りない感。
    同じ著者の別作品たちとリンクしてるらしく、もしかしたら他作品でちらっとその辺りが描写されてるのかも?
    宝探しも全くの謎じゃなく、もう場所の検討もついてるってのがワクワク感が少なかったし。
    完全にの遺跡って分かって世界に発表とかないの?みたいな
    ヒロインは意外に回復していて心太く逞しかった-あんまり怯えを感じなかったような。怒りに転化してるのかな。
    養父もヒロインの与り知らぬところで始末されてるし…確かに害だけど、どうせなら敵方にやられて欲しかったな…
    あとアソールトライフルって普通はアサルトライフルって訳されるんじゃないのかな-と。
    楽しめたけど、なんか惜しいと思わせるお話でした。

  • 海洋生物学者メリスと探検家ケルビーが海の伝説の都マリンスを追い求める冒険とサスペンス&ラブロマンス。

  • 「<a href="http://mediamarker.net/u/m171/?asin=4576010603" target="_blank">風のペガサス</a>」でハーレムにいた少女がヒロイン。[more]<br />すんません、飛ばし読み。この作者の本をずっと続けて読んで飽きてきたためです。<br /><blockquote>内容(「BOOK」データベースより)<br />美貌の海洋生物学者メリスは慄然とした。突如、目の前で養父ロンタナのヨットが大爆発を起こしたのだ―ロンタナを乗せたまま。翌日、悲嘆に暮れる彼女のもとを一人の男が訪れる。男の名はジェド・ケルビー。特殊部隊員あがりの探検家だった。ケルビーはロンタナから謎めいた手紙を受け取っていたのだ。ケルビーもロンタナも、ある海の伝説を信じ、それが事実であることを証明したいと思っていた。そのためにケルビーはメリスに協力を求める。だが、そのときから二人は何者かの標的に…。恐るべき謀略と情熱的な愛が交錯するロマンティック・サスペンスの白眉。</blockquote>

  • 図書館の本

    内容(「BOOK」データベースより)
    美貌の海洋生物学者メリスは慄然とした。突如、目の前で養父ロンタナのヨットが大爆発を起こしたのだ―ロンタナを乗せたまま。翌日、悲嘆に暮れる彼女のもとを一人の男が訪れる。男の名はジェド・ケルビー。特殊部隊員あがりの探検家だった。ケルビーはロンタナから謎めいた手紙を受け取っていたのだ。ケルビーもロンタナも、ある海の伝説を信じ、それが事実であることを証明したいと思っていた。そのためにケルビーはメリスに協力を求める。だが、そのときから二人は何者かの標的に…。恐るべき謀略と情熱的な愛が交錯するロマンティック・サスペンスの白眉。

    きゃ!やっぱり『風のペガサス』と『その夜、彼女は獲物になった』で出てくるメリスなんだね!
    とっても気になる少女だったのでわーい!と大満足。
    イルカたちも健在だったしね。

    それにしてもロマンって。。。。人を狂わせるのか。
    そして子供を食い物にする奴らはしかるべき報いを!

    Fatal tide by Iris Johansen

  • 〈ウインドダンサー・シリーズ〉のスピン。“ペガサス”で淀み腐った世界から逃げてきたあの少女がヒロイン。あの内容は虫酸が走る部分だったが 彼女はやっと自分の人生を見つけ自立の道を歩いている姿は嬉しかった。“マリンス”をめぐる狂った奴やに振り回されながらもヒーローとのロマンスが。あの養父には失望。ジェドとヒロインの痛む過去からの解放のほうが心に残っている。

  • 伝説の遺跡を絡めたお話が好きな作家さんですね。

  • 2003年

  • ロマンス色はそんなに強くないけど、サラサラ読める。
    海洋生物学者メリスと元シール隊員が海底に沈んだ幻の都マリンスをめぐるサスペンス。

全9件中 1 - 9件を表示

アイリス・ジョハンセンの作品

ツイートする