開運生活!カラダとココロのお掃除術 (ヴィレッジブックス+)

著者 :
  • ヴィレッジブックス
3.38
  • (0)
  • (6)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789729642

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白かったぁーなんかこのひとの、独特の価値観で進める掃除術。

    物への皮肉とかたっぷりに手放していく、なんとも痛快なお掃除でした。笑

    役立たずめ!

    的な手放し方。笑

    そんで、このひとあんまり趣味、センスは良くなさそう。笑

    掃除はかなり綺麗にしてるらしいけどね、ちょこちょこ載ってる写真の小物が謎でウケマシタ。
    でも、なんか掃除欲を久々に煽ってくれる一冊で、ナナカのおもちゃが綺麗に片付きました。笑!!!!ナナカ断捨離徹底してて、本当、見習うべきは、ナナカです。ワタシ。

  • 657

  • 精神論やスピリチュアルな話をお掃除からもっていったところが、すっごいわかりやすく、なじみやすくて、お疲れ主婦にちょうどいい本だと思います。
    掃除も健康も、ちょっとの工夫なんですよねー。
    著者のサバサバした性格が垣間見られておもしろかったです。

  • いまいちでした

  • スッキリサッパリと暮らしたくなる本。
    私もこれを読んで、あちこちの掃除を始めました(笑)。
    シンプルに暮らしたい人は是非どうぞ。

  • もうただ「毎日をここちよくすごす」ためにはどうしたらいいかってことがテーマ。横森さんの本はほぼすべて読んでいて、まあ、いつもおなじようなテーマであり内容でもあるんだけど、忘れっぽいわたしは読むたびに、そうだったー!と思うことしきり。具体的な掃除術や整頓術もためになるけれど、こういう考え方をしたほうがいい、ってところですごく学べる感じ。とにかくすべては、シンプルであること、がいちばん。そして、もう何百回めかわからないけれど、ココロのここちよさのために、「気にしない、忘れる」そして「鈍感力をつけよう」とふかーーく思った次第。でも、ひとつだけ、モノを使いやすく、美しく並べるといい、ってことが書いてあるけれど、それができないから困ってるんだ!と思った。もともとセンスがあって整理整頓好きな人ならできるだろうけど。まあ、この本の具体的な掃除術、整頓術をまねして少しでも実践してみるしかないですね。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

作家、エッセイスト。山梨県生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科映像デザインコース卒。
『ニューヨーク・ナイト・トリップ』で作家デビュー。女性の生き方をテーマにしたエッセイにも定評があり、『地味めしダイエット』(光文社)、『愛しの筋腫ちゃん』(集英社)、『横森式おしゃれマタニティ』(文藝春秋)など著書多数。『40代 大人女子のための”お年頃”読本』(アスペクト)はベストセラーとなった。
ベリーダンスの講師でもあり、主宰するコミュニティサロン「シークレットロータス」では定期的にレッスンを行っている。

「2016年 『人生を踊るように生きて行こう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

開運生活!カラダとココロのお掃除術 (ヴィレッジブックス+)のその他の作品

横森理香の作品

ツイートする