運命のフォトグラフ (ヴィレッジブックス)

制作 : Jude Deveraux  高橋 佳奈子 
  • ヴィレッジブックス
3.20
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789729857

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大富豪の家に生まれ、両親や兄弟から散々甘やかされて育ったキャリーは、見合いの斡旋に送られて来た、ジョシュアと2人の子供の写真に心を奪われ、彼の元へ。農場と家を切り盛りしてくれる女性を希望したのに、やって来たのは家事さえサッパリのキャリー。プライドの高い2人の距離は開くばかりで最後まで焦らされっぱなしでした。行動的で大胆なキャリーや天使のような2人の子供がとても良かった一方、ジョシュアは最後まで余りカッコいい所がなかったかな…(笑)ドタバタしたラストは少しロマンチックじゃなかったけど、とっても面白かったです!

  • 原作 "Eternity" Jude Deveraux

  • キャリーは大富豪の娘でありながら、友人たちとともに写真を利用したお見合いを斡旋する事前事業を営んでいる。

    ある日彼女は、いつものように送られてきた沢山の写真の中から、たった1枚の写真に心を奪われ、その人の妻になると決心する。

    子持ちで離婚歴のある農場を経営するジョシュアが求めていたのは、一緒に農場を支えてゆくために農作業や炊事洗濯を行う妻。
    そして大富豪の娘であるキャリーはそんな経験は一切なし。
    すべての経歴を隠してジョシュアのもとに嫁いだキャリーは。。。

    身分違いの恋という、ロマンス小説ではど真ん中のテーマだが、写真を見てお嬢様が勝手に一目ぼれして田舎の農場へ押しかけてしまうというのはいかにも唐突すぎやしないか。。。?

  • Eternity, 1992 by Jude Deveraux
    AD1865 USA
    キャリー・モンゴメリー
    ジョシュア・グリーン

  • 1865年のアメリカ。大富豪の娘キャリーは、写真を利用した見合いを斡旋する慈善事業を友人たちとともにおこなっていた。ある日、彼女は、送られてきた1枚の写真に心を奪われる。写っていたのは、悲しげな微笑を浮かべたジョシュアという名のハンサムな男性。キャリーはこの人こそ自分の夫となるべき運命の人だと信じこみ、彼の住む町へ旅立つ。農場を経営するジョシュアが妻に求めているのは農作業や料理の腕前。しかし、キャリーにはそれらの経験は皆無。ジョシュアと会った彼女を待つものは果たして

全5件中 1 - 5件を表示

運命のフォトグラフ (ヴィレッジブックス)のその他の作品

ジュード・デヴローの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ・ハワード
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする