汚れなき守護者の夏 イヴ&ローク〈15〉

著者 :
制作 : J.D. Robb  青木 悦子 
  • ヴィレッジブックス
3.78
  • (6)
  • (6)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (551ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789731102

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【イヴ&ローク15作目】今回は大量に逮捕されたな。それにしてもラストの部分、少しの衝撃あった。ドワイアーが逃げたのにはむかついたけど。そして今回は幸せな出来事も。メイヴィスのご懐妊で今後の展開が楽しみ!イヴとロークはどんなおばちゃん、おじちゃんになるのかしら?マクナブの愛の言葉もよかった。

  • 相次ぐ殺人の凶器はコンピューター・ウイルス?

    猛暑がつづく7月のニューヨーク。子どもを食い物にしていた犯罪者たちが相次いで奇怪な死を遂げた。突如、発狂したような行動をとったあげく、警官に射殺されたり自殺したりしたのだ。彼らが使用していたコンピューターの画面には、必ず「完全清浄完了」という不可解な文字が浮かび上がっていた。そして解剖の結果判明したのは、なぜか彼らの脳が異様に肥大していたこと。捜査を進めるイヴは、姿なき犯人が最新テクノロジーを駆使して自らの手を汚さずに人命を奪っていることを突き止めるが……。
    人気シリーズ第15弾登場!

  • 2011年3月10日読了。

    シリーズ15作目。
    しばらくお休みしてましたが、久々に読むとこのシリーズ本当に面白い。ミステリー具合とロマンス具合が絶妙。
    主人公以外の登場人物が個性的で楽しい。

    ピーボディとマグナムの二人組は本当に好きだわ。

    今回は、犯罪者がターゲットの連続殺人。
    これって難しい…理性では、勝手に処罰するのはもちろん行けないのだけど、では自分や近親者が被害者でなのに、加害者が法の目をかいくぐって同じような犯罪を続けてたら…自分ならどうするか。

    う~~~ん、法と人の感情の間を埋めるのは難しい。

  • 今回はイヴの唯一苦手とするテクノロジー犯罪です(´Д`)


    テクノロジーといえば、ロークとEDDのメンバー、それに昔イヴが助けたジェイミー坊や


    今回もイヴのチームは最高!!


    ターゲットは子供を狙い堕落させていく薬のバイヤーや、さまざまな売春行為を斡旋しているものたちのなかでも法の罰を逃れたもの達を正義の名の元にテロ組織

    犯人達は子供を食い物にした犯罪者だけを狙うつもりが積みもない警察官や、ターゲットの近くにいたティーンエイジャー、マクナブやピーボディーまでもテロ行為の被害者に…


    世間ではテロ行為はいいことである!と称賛があがっていくなかでイヴは罪もない傷つけられた人と亡き腐った犯罪者達のために自分の命を懸けて犯人をおう


    今回のお話は、本当に正しいことをしているのか?ってイヴが葛藤するシーンが痛々しかった

    大事な人を傷つけられるたび自分のやっていることを見失いかけてしまう…

    チームまで危険にさらしてしまいますが、それでもそんなチームのために心を痛めるイヴを助けるのはイヴのチームのメンバー

    個人としては早くトゥルーハートががっつりチームに入ってほしいけどバクスターが指導係になっちゃった…

    (-_-)゛うーん…

  • -

  • 購入済み

    あらすじ
    猛暑がつづく7月のニューヨーク。子どもを食い物にしていた犯罪者たちが相次いで奇怪な死を遂げた。突如、発狂したような行動をとったあげく、警官に射殺されたり自殺したりしたのだ。彼らが使用していたコンピューターの画面には、必ず「完全清浄完了」という不可解な文字が浮かび上がっていた。そして解剖の結果判明したのは、なぜか彼らの脳が異様に肥大していたこと。捜査を進めるイヴは、姿なき犯人が最新テクノロジーを駆使して自らの手を汚さずに人命を奪っていることを突き止めるが…。

    今回はピーボディー&マクナブがどうなるかちょっとドキドキして
    メイヴィスに歓声を上げ(そんなこと考える子だとは思っていなかった)
    ジェイミーに微笑んで
    チャンにむかつき
    イヴ&ロークの関係が進歩しているのに感心した。

    シリーズが進むに連れてみんなが成長しているのでそこがいいのかも。

    ペプシがのみたくなった作品です。

    Purity in Death by J.D.Robb

全6件中 1 - 6件を表示

汚れなき守護者の夏 イヴ&ローク〈15〉のその他の作品

J.D.ロブの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする