真夜中まで待って (ヴィレッジブックス)

制作 : Amanda Quick  高田 恵子 
  • ヴィレッジブックス
3.27
  • (2)
  • (3)
  • (8)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 31
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (456ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789731638

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 成り上がり紳士 × 小説家

    ロマンスよりもミステリに比重を置いてるのかな。全然キュンとこない。非上流階級のイメージなのかヒロインの一人称が「あたくし」って、う〜ん。

  • アダムには霊能力がある!っていう最後の結論が面白かった(笑)

    っていうか、アダムの家族好きだなぁ。
    ふとブリジャートン一家のお話が読みたくなった。
    アダムとリチャードの会話は最高に面白い!
    アダムがリチャードを「サウスウッド」って呼んでるとテンションあがる(笑)

    ミリーとエマの友情は感動だった。

    最近、いろいろあって、「そうよね、そうよね!」っていうのがたくさんあった(笑)
    私たぶん本の読みすぎね!っていうか夢見すぎなのか・・・?

    • 榊さん
      この話私も好きよー!らぶよー!夢見てなんぼよ!夢見まくるよ!妄想よ!
      この話私も好きよー!らぶよー!夢見てなんぼよ!夢見まくるよ!妄想よ!
      2010/03/07
    • 榊さん
      この話私も好きよ!らぶよー!夢見てなんぼよ!妄想よ!
      この話私も好きよ!らぶよー!夢見てなんぼよ!妄想よ!
      2010/03/07
  • 購入済み

    あらすじ
    (BOOKデーターベースより)
    19世紀のロンドン。人気女流作家キャロラインは、ある日、アダムという謎めいた紳士の訪問を受けた。彼の話は意外なものだった。前日の晩にキャロラインが参加した降霊会の主催者の女霊媒が、会の終了後に何者かに殺されたというのだ。アダムは個人的な理由により、どうしてもその犯人を突き止めねばならなかった。でも、むろんキャロラインに犯人の心当たりなどはない。彼女はアダムに協力することにした。調査をつづけるうちに、二人は互いに強く惹かれあっていく。しかし、やがて恐ろしい事件が発生した。ふたたび霊媒の女性が惨殺されたのだ…。

    秘密を抱えた二人が秘密を共有しながら殺人事件を解決していく。
    その過程でれんあいになっていくのですが、いつものようにアマンダ・クイックの書くヒロインは元気がいいの。
    作家のヒロインの書く登場人物が自分かもしれないと、彼女の書いたものを読めない(?)ヒーロー。
    ロンドンの町の交通事情(19世紀の)がわかる一冊でした。

    Wait Until Midnight by Amanda Quick

  •  霊媒師が殺されて、犯人探しの中、ヒーローと恋に落ちるヒロイン、のパターン。
     ヒロインは小説家、オールドミスの変わり者、今回は未亡人の振りもしてる。

全4件中 1 - 4件を表示

真夜中まで待って (ヴィレッジブックス)のその他の作品

アマンダ・クイックの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする