比較は不幸のはじまり―ないものねだりの心理学 (ソニー・マガジンズ新書)

著者 :
  • ソニーマガジンズ
2.67
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 17
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789732765

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 散文で何が言いたいのか結局わからずじまいだった。
    人と比べて落ち込むのではなく、参考にするというポジティブな見方をしよう。
    価値をはかるモノサシをたくさん持とう。
    という部分が参考になった。

  • 前から読みたかったけど本屋にはほとんどなかったのでアマゾンで注文。ないものねだりとか、人と比較することに関して興味があった(自分がそういう傾向にあるから)から読もうと思ったけど、結局何が言いたかったのか・・・。他人の芝生は青く見えるから、自分の芝生を青くしましょう!ってだけで、どうすればそういう思考になれるかとかhow toなところは書かれていなかったのであれ?という感じだった。

  • タイトルどおりの本w
    ホント、隣の芝生は青い、じゃないですけど、他の人と比べて自分はああだこうだ、コレができないアレもできないと考えてしまうから苦悩しちゃうんですよねー。比べなければおk!比べる必要なんかないよーと思う私はのーてんきかもw

  • 微妙。自己啓発っぽい。
    『それ自体の不幸はない。それは主観の問題。』
    『他人の生き方を見て、行き方のいろんな問題を自分のものとして考えることができる。』
    『嗜好は後天的でなく本能によって決まっているものもある』

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

1968年、広島県生まれ。早稲田大学人間科学部スポーツ科学科スポーツ心理学専攻卒。日本心理学会認定心理士資格を取得。同大学運動心理学研修生終了の後、数多くのプロ野球、Jリーグ、Vリーグ、プロボクシング、プロゴルファーなどのプロスポーツ選手やオリンピック選手などのメンタルトレーニングの指導を行う。またビジネス分野、スポーツ分野、教育分野、健康分野、女性分野など幅広いメンタル面のニーズに応えている。

高畑好秀の作品

ツイートする