アクロス・ザ・ユニバース―林檎をめぐる物語

  • ソニー・マガジンズ
3.00
  • (0)
  • (4)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 34
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789733182

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「レット・イット・ビー」「愛こそはすべて」「ヘイ・ジュード」…。恩田陸、佐野元春、本秀康などの著名人が、今なお愛され続けるビートルズの名曲にのせて、思い出や出会い、人生へのかかわりなどを綴る。

    読みにくい文体と読みやすい文体。

    時々曲名からメロディーが湧き出なくて聴いてみる。

  • 恩田さんの本屋と思って買ったら、ビートルズの曲に関するオムニバス形式の本やった。とりあえず恩田さんの章だけ読んだ。ビートルズの怖さ、コメディアンの怖さ、「怖さ」って何が原因かわからんけど、突き詰めていけば何か分かるのかも。

  • 「人は人といることによって、窮屈になるんじゃなくって、より自由になるんだと思うし、自分の愛する人に、待たれることが、全ての始まり、と思ったり、します。」(北川悦吏子)

  • 「アイドルの流謫」恩田陸 ◎
    「ビートルズのいるシーン」北川悦吏子 ◎
    「宇宙を渡って」倉本美津留
    「僕たちをスマイルさせたバンド」佐野元春
    「ジョンが教えてくれたこと」TAKURO(GLAY)
    「愛こそはすべて」武田双雲
    「夢の人」つんく♂
    「言葉の音を聴きながら」野田秀樹
    「革命」ピーター・バラカン
    「なんてこった!」古川日出男
    「たとえば、人生そのもののように」茂木健一郎
    「ジョージ・ハリスンは僕のヒーロー」本秀康

  • ビートルズにまつわるエトセトラ。
    書ける方は書いて、書けない方はインタビュー?
    なので読み応えはあまり…。
    「ほお〜」と言った風情

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

恩田 陸(おんだ りく)
1964年、青森市生まれ。幼少期は名古屋、長野、富山、仙台などを転々とする。高校時代は茨城県水戸市に在住。水戸第一高校を卒業し、早稲田大学進学・卒業。
1991年、第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となった「六番目の小夜子」でデビュー。2004年刊行『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞及び第2回本屋大賞、2007年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。
2017年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞と第14回本屋大賞を受賞した。同作品による直木賞・本屋大賞のW受賞、そして同作家2度目の本屋大賞受賞は史上初。大変大きな話題となり、代表作の一つに挙げられるようになった。

恩田陸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする