新訳 亡念のザムド〈上〉

著者 : 宮地昌幸 BONES
  • ソニーマガジンズ (2010年12月発売)
4.00
  • (5)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :38
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (388ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789734400

新訳 亡念のザムド〈上〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  『2010年 12月 24日 初版 第1刷 発行』版、読了。


     プレイステーション・ストアで配信され、その後、地上波TVでも放送されたアニメ「亡念のザムド」のノベライズ版です。


     とはいえ、タイトルに新訳とついているだけあって、アニメでは描かれることのなかった描写がチラホラとありました。


     作者は、そのアニメの監督でもあった方でありまして、おそらく小説として手がけた作品としては、これが初かと思われます。


     大まかな物語の展開はアニメと変わらないかと感じましたが…初版であったためか誤字脱字が目立ったのが残念です。


     それにしても…アニメでもそうでしたが、登場時は割りと沈着冷静な印象のあったフルイチがどんどん残念な方向に変化していくのは残念すぎてなりませんでした。

     この本を読了した直後は、それも含めて「すぐに下巻を読まねば(><;;!!」という「引っ張り具合」の結びでしたので、それは見事でした。


     文体としては、慣れれば読みやすいかと思いますが…世界観や設定など、原作にあたるアニメを知らず、この本から読み出すとまた違った感想を持っていたかもしれません。


     むしろ下巻がアニメと同じような展開、あるいは結末でしめくくられているのか気になるところ。


     とりあえずこの上巻を読破できたら、間違いなくすぐに下巻を読みたくなることは間違いないかと。

  • 登場人物たちの痛みが自分の心に突き刺さり叫びそうになる。
    アニメでは表現しきれない心の闇底を描いている。
    さっさと下巻読もう。

  • 原作であるアニメーションでキャラクターの真意が何となく分からなかったところを、よく描かれている。

全3件中 1 - 3件を表示

宮地昌幸の作品

新訳 亡念のザムド〈上〉はこんな本です

ツイートする