組み込みエンジニアのためのロジカル・シンキング入門―ソフトウェア開発で論理的な考え方をいかに応用するか (COMPUTER TECHNOLOGY)

著者 :
  • CQ出版
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789838061

作品紹介・あらすじ

本書は、「組み込みシステムでロジカル・シンキングしてみよう」という少し変わったコンセプトの本です。組み込みシステムの実際の開発で問題となるような事例を多数あげ、どのような考え方をすれば解決策が導けるかを解説しています。本書には、筆者の鍛え上げたロジックと現場の経験による、組み込みシステムの開発のヒントと知恵が多数掲載されています。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 世間で一般的に言われるMECE, ピラミッド構造, 5W1Hなどの「ロジカルシンキング」を扱った本ではない。
    組み込みソフトウェアでよく見られる問題において、プロセスに沿った原因切り分けと対応を書いた本である。
    「ロジカルシンキング」の組み込みソフトウェア開発への適用を期待して購入したのだが、その点では期待が外れてしまった。
    組み込み開発初心者向けに、問題の解説とプロセスを汎用的に概説している。読みやすいが、技術や問題、手法への深い突っ込みはないかな、という印象である。
    また、全体的に書き方や書かれている内容が、因果関係やMECE、ピラミッド構造などの、論理的にみえないので、その点も気になった。

全1件中 1 - 1件を表示
ツイートする