がんばれゆうくん一年生 (おはなしのくに)

著者 :
制作 : すぎはら ともこ 
  • 鈴木出版
3.77
  • (2)
  • (6)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (61ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784790232605

作品紹介・あらすじ

ゆうくんは一年生。なんだってひとりでできるようになりました。でもゆうくんには、なやみがあるのです。5才〜小学生向き。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ゆう君とけんちゃんがブランコの取り合いをしてそれでゆう君が「ブランコから落ちろ」と言ったらほんとに落ちてゆう君が助けてそれでなかよしになるお話です。

  • 一年生なのに幼稚園児に間違えられてしまうゆうくんの頑張りぶりが可愛らしいです。

  • 新一年生へ。自分でなんでもできるゆうくんは小学一年生だけど、かわいい顔をしているためいつも幼稚園児にまちがえられてしまう……

  •  1年生のゆうくんは、なんだって1人でできるようになった。でも、背が低くてかわいい顔のゆうくんは、いつも幼稚園児に間違われ、小学生だとは思ってもらえない。日曜日の朝、ゆうくんは公園に。幼稚園の子がブランコから落ちてしまい…。

  • 児童書
    子供が、自分もゆうくんみたいにできるよと言っていた

  • 小柄な新1年生の長男に。
    しかも弟が「ゆうくん」なので親しみを覚えたようです。

    身体は小さくても心優しくて賢い、しっかり者のゆうくん。
    長男もこんな1年生のお兄ちゃんになってくれたらいいなぁ。
    そして、次男が1年生になったらまた読んでやりたいです。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

西本鶏介 / 1934年奈良県生まれ。昭和女子大学名誉教授。児童文学評論、民話研究、創作と幅広く活躍。絵本に『おじいちゃんのごくらくごくらく』『まよなかのたんじょうかい』(以上、鈴木出版)、『お母さん、ひらけゴマ!』(ポプラ社)など多数。

「2017年 『ミツバチぎんの おくりもの』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西本鶏介の作品

ツイートする