すっぽんぽんのすけ せんとうへいくのまき (たんぽぽえほんシリーズ)

制作 : 荒井 良二 
  • 鈴木出版
3.41
  • (4)
  • (10)
  • (23)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 108
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (25ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784790250739

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あいかわらずたけれど、こどもうけよし。
    C8793

  • 男の子が両親と一緒に銭湯へ。
    お父さんと一緒に男湯に入ると奥の方から動物たちの悲鳴が聞こえる。
    塀を乗り越えてすっぽんぽんのすけになって悪い犬の忍者たちと闘う。
    渦巻の攻撃をされるけれど、逆向きの渦巻の攻撃をして悪者を吹っ飛ばす。
    もとの銭湯に戻るとずっとお湯に浸かっていたお父さんはゆでだこ状態になっているのだった。

    すっぽんぽんのすけの設定がどんなのだったか忘れてしまった。

  • すっぽんぽんも銭湯なら違和感ない、かも?

  • すっぽんぽんのすけがどうぶつたちをまもったのがおもしろかった

  • もうすぐ2歳の息子、ぐるぐるの術が大のお気に入り。
    我が家のお風呂では毎回ぐるぐるの術合戦です(笑)

  • 秘密でやんすね。

  • みにぴ ミク氏 2011.01.29

  • すっぽんぽんで無敵のすっぽんぽんのすけ。今回は銭湯で助けを呼ぶ声が・・・。またしても犬の忍者たち。すっぽんぽんのすけはみんなを助けます。

  • すっぽんぽんのすけがせんとうへ行く!
    銭湯へ行くのか、戦闘へ行くのか、はたまた先頭へ行くのか…?

    銭湯ですっぽんぽんなのは当たり前。誰にもすっぽんぽんのすけだとは気付いてもらえまい。
    すっぽんぽんで先頭に立ったら、何だか色々危なっかしいぞ。

    …色々妄想しながら読み始めると、銭湯で戦闘の先頭に立つお話でした。

    テンポが良いストーリー展開と、ユーモラスな絵で子ども達に大人気の絵本です。
    3・4歳児への読み聞かせにオススメです。

  • なぜ?せんとうに入ろうとするときに動物が?って思ったけど悪者がでてくるわけですね…おもわず笑いたくなるストーリー

全15件中 1 - 10件を表示

プロフィール

東京都在住の絵本・童話作家、翻訳家。『どうぶつゆうびん』(あべ弘士絵、講談社)で産経児童出版文化賞ニッポン放送賞、『ふってきました』(石井聖岳絵、いずれも講談社)で2007年日本絵本賞、2008年講談社出版文化賞絵本賞を受賞。絵本、幼年童話、エッセイと幅広いジャンルで活躍。翻訳を手がけた作品に『あかちゃん社長がやってきた!』(講談社)などがある。

「2018年 『10ぽんのぷりぷりソーセージ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

もとしたいづみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
長谷川 義史
なかがわ ちひろ
モーリス・センダ...
なかの ひろたか
A.トルストイ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする