まめのかぞえうた (たんぽぽえほんシリーズ)

著者 :
制作 : 和歌山 静子 
  • 鈴木出版
3.35
  • (3)
  • (6)
  • (14)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 93
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (25ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784790251040

作品紹介・あらすじ

さあ、「かぞえうた」でたのしんで、そして食べて『豆』の力いっぱい。おや、この本では、さいごに鬼さんも豆をひろって食べてますよ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2月なので節分にかけて、おはなし会で使おうかとも思ったけど・・・
    私は使わずじまいです。

  • 植えて育てて豆まきってのもいいかもしれない。

  • 楽しい 豆の 数えうた♪

  • 2014/1/21 4年1組

  • 25年度 (6-1)

  • 「で?」(S8)

  • 娘3歳2ヶ月、息子5ヶ月時図書館にて借り。

  • 科学の本の様だけど。。
    この可愛さ。
    マメに顔が書いてあったり、逃げちゃったり。

    フライパンの上の豆を数える場面に、子供たちは集中!

    今年は、何個の豆を食べますか?

  • ひとつ、まめがあったとさ。畑に埋めて土の中。
    ふたつ、ふたごのはっぱの赤ちゃん 元気よくでてきたよ。
    みっつ、水をやって 大きくなーれ、大きくなーれ
    ・・・
    干されて大豆になってフライパンで煎られた豆。節分には年の数だけ食べようね。

  • 4歳1ヶ月姉姫が自力で読むように借りた絵本。
    豆と動きと数字とがうまく組み合わさって、読んでいて韻を踏んでいて面白い絵本。私が読み始めると、姉姫も1歳9ヶ月ちび姫も喜んで見ていました。
    ただ、自分で読もうとすると、お母さんみたいに韻を踏めないのが面白くないみたいで、あまり自分からは読もうとしませんでした(自転車ジョージとか、他に面白そうなものを借りていたのもあるかも)
    でも、『にほんごであそぼ』とかで、数え歌系は好きな姉姫。また他に誘惑がない時に借りてきてみてもいいかもね。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

京都生まれ。東京女子大学社会学科卒業。作品に『ぐるんぱのようちえん』(福音館書店)、『クーのおるすばん』『ペンギンペペコさんだいかつやく』(以上、鈴木出版)、『おもいついたらそのときに!』(こぐま社)など多数。

「2018年 『四人のヤッコ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西内ミナミの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
A.トルストイ
モーリス・センダ...
かがくい ひろし
トミー=アンゲラ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする