なりました (たんぽぽえほんシリーズ)

著者 :
制作 : 山口 マオ 
  • 鈴木出版
3.68
  • (7)
  • (6)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 81
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (25ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784790251156

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2016年度  4年生  2分
    ちょっと面白い言葉遊びの本。  

  • かばぞう、かめカッパ、なめくじかたつむり、くらげたこ

  • おもしろいんだよね。クスッとね。山口マオさんの絵がいい味。

  • カバが象に、亀がカッパにとあることがきっかけで思いがけないものに変身してしまうのが面白いです。

  • かばがにおいをくんくん嗅ぐと…あれあれっ!?かめが鉄棒すると…あれあれっっっ!?って、どんどん変身っ!うっそー(σ゚∀゚)σって思わず突っ込んじゃう絵本。きっとこれはみーんな笑顔になれちゃうね

  • 平成23年10月21日 4年生。

  • かばがクンクン臭いをかぐと、どうなる?
    かめが鉄棒をしたら?
    ほら、「 ? 」に なりました!

    動物が・・・意外なものに変身していきます。
    短いけれど快活な文に、味のある版画絵。
    子供たちが不思議そうにページをおっていたのが印象的でした。
    動物に興味を持ち始めた赤ちゃんから読る絵本です。
    もっと続きが読みたいのですが、第2弾とかでないかな?

  • 坂東市の図書館【蔵書紹介】小学生低学年くらいまでのお子さんへの読み聞かせにオススメ。カバがにおいをかぐと・・・。どうぶつたちが変わっていくのですが、その変わり方に「え~?!」って笑いながら子どもたちはつっこんできます。

  • H24年6月 1-2

  •  イマジネーションでの遊びを子供と共有できる。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

福岡県生まれ。詩人、児童文学作家、絵詞作家。
絵本『さかさまライオン』(童心社)で絵本日本賞、『うそつきのつき』(文溪堂)で
小学館児童出版文化賞、『ふしぎの森のヤーヤー』金の星社)で産経児童出版文化賞受賞。
『がたごとがたごと』(童心社)、『すやすやタヌキがねていたら』『ともだちできたよ』(共に文研出版)、『くじらさんのーたーめならえんやこーら』(鈴木出版)で日本絵本賞受賞。
少年詩集に『たぬきのたまご』(銀の鈴社)、『きんぎょのきんぎょ』(理論社)、「しっぽとおっぽ」岩崎書店。「ぼくたちはなく」(PHP研究所)で三越左千夫少年詩賞を受賞。「おれたちともだち」シリーズはロングセラーになっている。第55回児童文化功労賞受賞。
第39回巌谷小波文芸賞受賞。日本児童文学者協会理事長。

「2018年 『うまはかける』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田麟太郎の作品

なりました (たんぽぽえほんシリーズ)に関連するまとめ

ツイートする