いただきバス (チューリップえほんシリーズ)

  • 鈴木出版
3.47
  • (5)
  • (8)
  • (19)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :122
  • レビュー :18
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784790251323

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2017/09/07 2年生午後

  • 24年度1年 ⑫1年 ⑫ 26年度1年 ⑭1年 ⑭

  • 子どもって くすぐるのが 好きよね♪

  • 3分☆大型絵本化

  • [墨田区図書館]

    「いもほりバス」
    http://booklog.jp/users/akiuwa/archives/1/4790252035
    と一緒に読みました。
    表紙と題名を見たときに、一瞬「中川ひろたか」さんの本かと思ったのですが違っていました!でも読んでみると結構似ている世界!?とっても楽しく読みました。

  • しゃばるバスに乗ってねずみたちがリンゴと食べに出かけます。そのバスで進んでいく様子がコミカルで楽しい絵本。

  • バスの語尾が「いただきバス」というようにバス口調でおもしろい。
    ねずみたちとの掛け合いも楽しそうでいいな。

    色合いがいい。大型絵本をおはなし会で読む予定。リズムよく読みたい。
    続編の「いもほりバス」は去年読んだけれど、なかなか反応が良かった気がする。

  • 図書館で借りた本。
    訛ってるバス。かわいい絵。一匹だけ冷めたねずみが気になる。
    楽しい絵本です。

  •  藤本ともひこさんは、今年の4月に惜しまれつつ廃刊になってしまった福音館書店の「おおきなポケット」で「どたばたへなちょこ探偵団」を連載されていた方。
     同じようなネズミのイラストがあったと、長女ひでひ子(仮)が見つけて読んでみたら、このバスがすごく可愛い。「おはようございバス」「はっしゃしバス」ダジャレを連発しつつ、バスをくすぐるあたりから子どももゲラゲラ笑っていました。
     読んでもらえば幼稚園年少さんからでも大丈夫だと思います。次女みき(仮)1年生でも十分楽しんでます。長女ひでひ子(仮)4年生もこの本が好きだけど、こちらは全身全霊で絵本を楽しむというよりは、少し大人目線で読んでいます。

  • 2013年度  幼稚園 年長
    遠足の前日ということで、『いただきバス』を選びました。
    バスがのびたり、形を変えたりしたところが面白かったようです。

    2010年度  2年生  2月 合同
    この本はすごく可愛いお話しで「こちょこちょ‥ 」がとても上手で
    私は笑いを抑えるのに必死でした。
    気楽に読めて楽しみながら読めた一冊になりました。
    「びょ~んと」に、“そんなに伸びるわけないやろう!“の
    子供達の突っ込みもあり‥楽しませてくれた本でもありました。

全18件中 1 - 10件を表示

いただきバス (チューリップえほんシリーズ)のその他の作品

藤本ともひこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
馬場 のぼる
佐々木 マキ
かがくい ひろし
なかの ひろたか
トミー=アンゲラ...
有効な右矢印 無効な右矢印

いただきバス (チューリップえほんシリーズ)はこんな本です

ツイートする