いただきバス (チューリップえほんシリーズ)

  • 鈴木出版
3.51
  • (6)
  • (8)
  • (19)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 124
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784790251323

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 言葉のリズムが面白く、途中で「こちょこちょ」など触れ合い遊びができてとても楽しめる。

  • 2017/09/07 2年生午後

  • ・図書館にて
    ・1歳10ヶ月時
    ・ちょっと2歳前後には字数が多いかと思いきや、内容理解できてるみたいで娘はゲラゲラ笑ってた。

  • 24年度1年 ⑫1年 ⑫ 26年度1年 ⑭1年 ⑭

  • 子どもって くすぐるのが 好きよね♪

  • 3分☆大型絵本化

  • [墨田区図書館]

    「いもほりバス」
    http://booklog.jp/users/akiuwa/archives/1/4790252035
    と一緒に読みました。
    表紙と題名を見たときに、一瞬「中川ひろたか」さんの本かと思ったのですが違っていました!でも読んでみると結構似ている世界!?とっても楽しく読みました。

  • しゃばるバスに乗ってねずみたちがリンゴと食べに出かけます。そのバスで進んでいく様子がコミカルで楽しい絵本。

  • バスの語尾が「いただきバス」というようにバス口調でおもしろい。
    ねずみたちとの掛け合いも楽しそうでいいな。

    色合いがいい。大型絵本をおはなし会で読む予定。リズムよく読みたい。
    続編の「いもほりバス」は去年読んだけれど、なかなか反応が良かった気がする。

  • 図書館で借りた本。
    訛ってるバス。かわいい絵。一匹だけ冷めたねずみが気になる。
    楽しい絵本です。

全19件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1961年、東京都生まれ。絵本作家。
1991年、講談社絵本新人賞を受賞し絵本作家デビュー。その後、絵本・読み物・紙芝居・作詞・あそびうたなどの創作活動をはじめる。
主な絵本作品に、『いただきバス』『いもほりバス』『たなばたバス』(すずき出版)、『しーらんぺったん』(世界文化社)、『ばけばけはっぱ』(ハッピーオウル社)、『ちょんまげでんしゃののってちょんまげ』(ひさかたチャイルド)、『ねこときどきらいおん』『バナーナ!』(講談社)など。親子向けの絵本・あそびうたライブや、保育者のための研修会などでも活躍中。

「2018年 『おおきくなったら きみはなんになる?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いただきバス (チューリップえほんシリーズ)のその他の作品

藤本ともひこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
馬場 のぼる
A.トルストイ
佐々木 マキ
モーリス・センダ...
なかの ひろたか
長谷川 義史
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする