たまごにいちゃんぐみ (ひまわりえほんシリーズ)

  • 鈴木出版
3.86
  • (15)
  • (16)
  • (17)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 298
感想 : 20
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784790251460

作品紹介・あらすじ

「たまごにいちゃん」にあこがれる、たっくん、まーくん、ごーくん。たまごのままで、ヒーローめざして大奮闘。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • たまごにいちゃんシリーズ☆
    この絵本は内容はもちろんだけど
    表紙の裏にある作者さんの言葉が一番好き♪
    とうとうたまごにいちゃんを
    ヒーロー視する子たちが現れるとは…

  • たまごにいちゃんシリーズ。今回はトリオなんですね、いつも通り殻を割らないままが良いように思ってますが殻を割ると新しい世界が。子供の成長と共に考えさせられるシリーズだと思います。

  • たまごにいちゃんがでんせつだったのがびっくりした!

  • 自宅の本棚

  • 裏表紙がおもしろい

  • たまごにいちゃんをみならって、からをわらないようにしていたけど、ひよこたちをたすけるために、からがわれちゃったんだね。でも、つよくなって、かっこいいとおもいました。

  • [墨田区図書館]

    棚にあったたまごにいちゃんシリーズを全部持ち出して読んでいた、そのうちの一冊。これはさすがに"ぐみ"になっているから他のたまごにいちゃんとの違いがはっきり。それにしても殻が割れても出たくないなんて、子どものうちから"戻りたい症候群"みたい!

  • 3歳4ヶ月に読む。
    おもしろいらしく何回も読む。

  • 力を合わせて大活躍。

  • やっぱり、たまごのままを変な目で見るキャラはいたか…。

    伝説のたまごにいちゃんってやっぱり最初のたまごにいちゃん?

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1964年東京生まれ。東京芸術大学デザイン科卒。『ふしぎなカーニバル』で第14回講談社絵本新人賞を、『はやくねてよ』で1995年日本絵本大賞を受賞。おもな作品は、『パンツぱんくろう』シリーズ、『たまごにいちゃん』シリーズ、『まめうし』シリーズ、『へんしんトンネル』シリーズなどがある。『はなかっぱ』シリーズは、2010年よりNHK Eテレで放映中のアニメ「はなかっぱ」の原作本。

「2010年 『はなかっぱのだいぼうけん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あきやまただしの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×