あたまにかきのき (チューリップえほんシリーズ)

著者 :
制作 : 村上 豊 
  • 鈴木出版
3.78
  • (5)
  • (6)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 39
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784790252481

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何をやってもうらまれるなら好きに生きよう

  • 頭に柿の木が生えた男の昔話。
    現実的にありえないけど、昔話特有のなんでもありな部分が可笑しくて楽しくて、大好きなお話。

    色んなパターンの絵本が出版されているので比べて読んでみたい。

  • H29.11.16 おはなし会 3年2組

  • のんき者の男の頭に柿の木がはえた!その木においしい柿の実がたくさんなったので、売って大もうけ。でもそれを妬んだ男たちに、柿の木を切られてしまって・・・。奇想天外な昔話。

  • 昔読んだ際には、頭を剃っている時に流血してしまって、傷口に柿の種を詰め込まれたことになっていましたが、これはカラスが柿の実を頭に落としたことになっています。バリエーションに富んだ話なのですね。この本は2012年出版のものでした。15年前に上の子に読んだのは上述の流血版で、もっとインパクトがあったものでしたので、本作はちと物足りなく感じましたが、まあ一歳児にはこの位が良いのかもしれません。

  • 978-4-7902-5248-1 24p 2012・9・25 初版1刷

  • 日本の 昔話は ほんとうに 突拍子もない("⌒∇⌒") 読み聞かせに読んだら 受けそう♪

  • 2012年度  4年生

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

山口県生まれ。福岡、京都を経て東京在住。保育園や小学校での読み聞かせのほか、昔話の再話や絵本の構成などにかかわる。『みんなでまもったひなどり』『きんいろのライオン』『あたまにかきのき』(以上、鈴木出版)などの作品がある。

「2017年 『なんにもせんにん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

唯野元弘の作品

ツイートする