はらぺこおおかみとぶたのまち (ひまわりえほんシリーズ)

著者 :
  • 鈴木出版
3.73
  • (7)
  • (8)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 103
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (29ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784790260523

作品紹介・あらすじ

おなかをすかせてふらふらのはらぺこおおかみ。ふとみると、そこはぶたのまち。よろこんだはらぺこおおかみはさいごのちからをふりしぼりぶたのまちへとはいっていきますが…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かしこいぶたがおおかみをおいはらうおはなし。

  • 2016/7/11 2-2 (15)2年 (11)6年

  • 3歳半。
    そこそこヒットで何度も読む。

  • 小学3年生で読みました、みんな何回も読んでいるお話しですが、「読んで、読んで~!」と大好きです。とても楽しそうに聴いていました。

  • 2013/6/4
    四年生

  • まちのなかの店頭にくぎづけ。
    この発想はいいなーいいなー

    低学年のとある子は、まだちゃんと理解できなかったみたい。

    本当にぶたがおおかみ食べると思ってた。

  • 2013.1.16 2-3
    -----------------------------
    2013.9.4 3-4
    2013.10.30 3-4

  • H22年6月 4-2

  • 怖いおおかみから身を守る術として、ぶたが集団で知恵を出し、おおかみがぶたの町をこわがるように仕向け、無事生き残るという展開は非常におもしろい。

    弱肉強食の中で、逃げ隠れをして身を守るのではなく、逆転の発想で集団で芝居をして身を守るというのはおもしろい発想だと関心しました。

  • 2005/9/20たけちゃんぴこ

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

宮西 達也(みやにし たつや)
1956年、静岡県生まれの絵本作家。拓新太朗という別名義もある。日本大学藝術学部美術学科卒。人形美術、グラフィックデザイナーを経て絵本作家となった。
『きょうはなんてうんがいいんだろう』で講談社出版文化賞絵本賞、けんぶち絵本の里大賞、『ふしぎなキャンディーやさん』で日本絵本賞読者賞をそれぞれ受賞。その他代表作に『おとうさんはウルトラマン』、『おまえうまそうだな』、『にゃーご』などがある。

はらぺこおおかみとぶたのまち (ひまわりえほんシリーズ)のその他の作品

宮西達也の作品

ツイートする