かぞえておぼえるかずのえほん

著者 :
  • 鈴木出版
3.56
  • (10)
  • (2)
  • (17)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 99
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784790260950

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 3歳

  • 5歳9ヵ月
    〈親〉
    絵が好き
    内容が好き ◯
    今回は早すぎた。いつかまたよんであげたい

    〈子〉
    初回からくいつく
    何度も読む

    その他

    大きな数字の勉強のきっかけになれば、と借りてみましたが、
    残念ながら息子が見向きもしなかった。
    そろそろ2桁、3桁の数字をよめるようになってほしいのに。

    島田ゆかさんの他の作品が大好きで借りてみましたが
    この作品の雰囲気(タッチが他と少しちがう?)に違和感を感じてしまったのでしょうか。

  • 絵の中からそのものを探しながら数を数える楽しい絵本。

  • 楽しい絵を見ながら、数を覚えられる絵本。

    15を超えたあたりから、急に難しくなる・・・

  • 『バムとケロ』の作者、島田ゆかさんの絵本です。
    いろいろな物の数え方(1だい、1こ、1ぽんなど)と、100までの数を楽しく数えることができます。
    トイレットペーパーが6巻で袋入りになっていたりして、掛け算などの導入にもいいですね♪

  • 1から100まで数えられる絵本
    まだチビには少し早いけど おうちのなかにあるものや身近なものが沢山のっているので時計どこかな?これ何かな?などなど2人で見ながら楽しんでます。
    数が数えれるようになったらまた楽しさも倍増しそうです♪

  • 島田ゆかさんの絵本は 色使い綺麗で隅から隅まで細かなところまでおもしろい。子供がこの本が好きで「読んで」と持ってくるが、最後のほうは50、100と数えるのが疲れます。

  • これは、下手なワークブックやドリル買うよりイイ!!だって、子どもが楽しみながら気づいたら覚えているように工夫されているから。読むだけでなく、書いたり、数えたり探したり―と子どもが積極的に数に関われるという点で、すごくお薦め!

  • 「じてんしゃは何台ある?」「はブラシは何本ある?」 身のまわりにあるものを楽しく数えるうちに無理なく1~100までの数字が身につく絵本。巻頭、巻末に繰り返し書いて消せる練習ページ付き。
    勉強と言うより、バムケロ・ガラコのキャラがあちこちで見られるので楽しみながらなので楽しいですよ☆

  • 息子、一生懸命数かぞえています。親子で一緒に読むのも楽しいですよ♪キャラもカワイイし(^^)

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京デザイン専門学校グラフィックデザイン科卒業。パッケージデザインなどを経て、フリーに。絵本に『バムとケロのにちようび』、『バムとケロのさむいあさ』、『バムとケロのおかいもの』、『かばんうりのガラゴ』『うちにかえったガラゴ』(以上文溪堂)、『かぞえておぼえるかずのほん』(すずき出版)等がある。カナダ在住。

「2019年 『バムとケロのカレンダー2020』 で使われていた紹介文から引用しています。」

島田ゆかの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
なかがわ りえこ
三浦 太郎
モーリス・センダ...
エリック=カール
エリック カール
なかの ひろたか
有効な右矢印 無効な右矢印

かぞえておぼえるかずのえほんを本棚に登録しているひと

ツイートする
×